ユーロ銀行Swissquote:取引プラットフォームに4種類のアルトコイン追加

ユーロ銀行Swissquote:取引プラットフォームに4種類のアルトコイン追加

ユーロ銀行Swissquote:取引プラットフォームに4種類のアルトコイン追加
ヨーロッパオンライン銀行Swissquoteが仮想通貨エコシステムに進出
Swissquoteが自身の取引プラットフォームに4種類のアルトコインを追加しました。
仮想通貨が主流に?
今年仮想通貨の人気が急上昇し、認知度がだんだんと増してきました。

Swissquoteが取引プラットフォームに4種類のアルトコインを追加

12月18日(月)、スイス銀行グループSwissquoteが4種類のアルトコインを自身のオンライン取引プラットフォームに追加したことを発表しました。

Swissquoteの顧客はビットコインに加え、ETH(イーサリアム:ethereum)、BCH(ビットコインキャッシュ:bitcoin cash)、LTC(ライトコイン:litecoin)、XRP(リップル:ripple)をユーロおよび米ドルと両替できるようになりました

上記の4種類は消費者需要と流動性の観点から選ばれました。

今年、SwissquoteはBitstampと組み、ビットコインとユーロおよび米ドルの両替を可能にしたところ、需要が予想をはるかに超えました。

Swissquote社長Marc Bürki氏:

「我々のビットコイン取引修了証明書は予想を超える大成功でした。このシステムを拡張し、伝統的なセキュリティ同様、仮想通貨を多様化します。仮想通貨は予想以上に人気になりました。我々のプラットフォームでそれらを提供することで仮想通貨への投資がより簡単、安全、および利用しやすくなります。」

仮想通貨が主要金融機関に採用

2017年はおそらく仮想通貨が初めて主要金融機関に採用した年として名を残すでしょう。

ビットコイン率いる仮想通貨は公共の意識に入り込み、その過程が金融のメインストリームに反映されました。

仮想通貨の採用はSquareCashやRevolutのように、モバイルアプリにビットコイン購入を導入したフィンテックベンチャー企業を見れば明らかです。

しかし、仮想通貨専用アプリケーション(特にCoinbase)も人気が増しています。

今月(12月)、ウォール・ストリートは初めて仮想通貨エコシステムに進出し、二つの米取引所にビットコイン先物を投下しました。

しかし、ほとんどの主流銀行は仮想通貨と直接関わることをためらいました。

そしていくつかの金融機関はマネーロンダリング対策規制に関する心配より、仮想通貨関係の会社(ビットコイン取引所を含む)に反対しました。

それにもかかわらず、減速が全く見られない市場の急上昇により、早くて2018年には中央銀行がビットコインを準備金として保有すると信じる企業経営者が少なくとも一人はいます。

【2018年にG7中央銀行で仮想通貨購入開始か?】

2017-12-18 18:30

Euro Bank Swissquote Adds Four Altcoins to Trading Platform

Dec. 18, 2017 by Josiah Wilmoth

参考記事はこちらから
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

フォローする


CLOSE
CLOSE