仮想通貨を始める前に必要なもの

仮想通貨を始める前に必要なもの

仮想通貨に興味を持ったけど始め方がわからないという方へ向けて、買い方〜管理の仕方まで説明します。

目次
  1. 取引所で仮想通貨と売買しよう
  2. ウォレットで仮想通貨を管理しよう
  3. ネット上ではなく紙で安全に管理しよう
  4. 最後に

取引所で仮想通貨を売買しよう

みなさんが仮想通貨として思い当たるのは「ビットコイン」だと思います。

ビットコインを含む仮想通貨を手に入れるには、まず日本円を仮想通貨に変えなければなりません。

そこで「取引所」を利用して仮想通貨を手に入れるのです。

取引所とはユーザー間で仮想通貨を売買するところなのですが、仮想通貨を買うための販売所としての機能が付いているところもあります。

まず取引所を開設して仮想通貨を買ってみましょう。

初心者にオススメの取引所

コインチェック(coincheck)

認知度が高く初心者にも扱いやすい取引所です。

その他の取引所一覧はこちらから

二段階認証でセキュリティを強化

仮想通貨の取引所を利用する際はセキュリティには十分注意しなければなりません。

第三者に自分のアカウントでログインされて勝手に取引されたら大変なことになりますよね?

そこでセキュリティを強化するために「二段階認証」というシステムが使われます。

二段階認証のアプリは色々ありますが、当サイトでは「Authy」というアプリでの使用をオススメします。

ウォレットで仮想通貨を管理しよう

ウォレットとは仮想通貨を入れるための口座のことです。

取引所で売買された仮想通貨はまず取引所内にある自分のウォレットに保管されます。

自分で売買した仮想通貨の保管を第三者である取引所に任せるより、自分の手元で管理できるウォレットに移して管理したほうが安心できますよね。

そこで、仮想通貨の保管は自分のウォレットで行うことがオススメです。

また通貨ごとに対応しているウォレットが違うので、自分の持っている通貨に対応したものを選ぶ必要があります。

よく使うウォレット

bitpay・copay

ビットコイン対応のウォレットです。

MyEtherWallet

イーサリアム系(ETH,ETC,REP…など)対応のウォレットです。

Toast Wallet

リップル対応のウォレットです。

その他のウォレットはこちらから

ネット上ではなく紙で安全に管理しよう

仮想通貨を管理する際にIDやパスワードを記録しておく必要があります。

しかしネット上やデバイスで管理しておくのは少し不安を感じます。

ウォレットの脆弱性を付いてハッキングを目論む人がいないとは言い切れませんし、使っているデバイスが壊れたら使っているサービスにログインできません。

そこでIDやパスワードを紙に書いて保管する方法をオススメします。

紙に書いて金庫や鍵付きの場所に保管しておけばそういった不安は解消されます。

※[下の画像を保存→紙にプリントアウト→紙に情報を記入]してご使用ください。

最後に

以上が仮想通貨を始める前に必要なものです。

始め方はそんなに難しいものではなく、初心者でも簡単に始められます。

ただ、自分のお金を扱っているものなのでしっかり管理

して運用する必要があるでしょう。

CLOSE
CLOSE