1番初めに市場に登場した仮想通貨は ビットコインです

オミセゴーは2017年7月に流通が開始した仮想通貨です

ICOとは、 Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の頭文字をとったもので、日本語で「新規仮想通貨公開」を意味します。これは、クラウドキャンペーンを通して、世界中の個人投資家から資金を調達する事を指します。投資家たちは、資金を希望しているプロジェクト宛に、資金を送ります(通常ビットコインの場合が多い)。投資家たちは、そのお返しとして、コインやトークンを受け取ります。ほとんどのICOは2017年〜2018年初期に行われ、ERC-20スタンダードに基づいて、イーサリアムがプラットフォームとして使用されていました。2018年には、SEC(Securities and Exchange Commission)米証券取引委員会によって、資産の資金調達に関する規定が定められました。これによって、新たな仮想通貨プロジェクトがトークンを発行することがはるかに困難になりました。SECの規定の登場及び、米国国民対象のICOに関する規制に対する組織の関心の高まりにより、ICOの数は大幅に減ることとなりました。

続いて「暗号資産の詐欺、悪質商法にご注意を」です。暗号資産がまだ仮想通貨といわれていた2017年から2018年にかけては、ビットコインにまつわる詐欺の話がよく出ていましたが、現在も無くなってはいません。

投資の世界において、「卵は一つのカゴに盛るな」という格言が語り継がれてきました。資金を特定の対象に一極集中させるのではなく、幅広く分散させてリスクを抑えるべきだと説いているわけです。では、資産全体の運用において分散投資を実践する際に、仮想通貨はその対象の1つとなってくるのでしょうか? ここでは、仮想通貨と分散投資というテーマにフォーカスを当ててみます。

暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン界隈では時々、「ハードフォーク」という事象がニュースになることがあります。しかし、「ハードフォークという言葉は聞いたことがあるけれど、詳しくは知らない」方も多いのではないでしょうか?過去に起きた事例と共にハードフォークの実態について解説します。

仮想通貨を受け取る場合、通常は手数料が無料です。

インドでは現在、偽札が出回るなど法廷通貨の信用が低くなっています。そのため、新たな通貨として仮想通貨を使う文化が普及するのは早いと予想できるでしょう。

1番初めに市場に登場した仮想通貨は、ビットコインです。ビットコインが基盤であることから、他の人がコードを使用したり変更を加えることで、別の独自の通貨を作ることが可能になりました。そして、多くの人が同じ事を行ってきました。それらのコインは、ビットコインによく似たコインも多く、ビットコインの基盤に1〜2箇所程度の変更を加えたコインであったり(ライトコイン)、反対にセキュリティや、保険、管理方法が全く異なる物も多く存在します。しかし、これらの通貨は全て共通の「ニックネーム」で呼ばれています。ーそうです。ビットコインの後に誕生した全てのコインは、「アルトコイン」と呼ばれているのです。

答えは「いいえ」です。CoinMarketCapでは、全ての仮想通貨を取り扱っていません。当社及び、当社のチームは、全てのコインやプロジェクトが必ずしも良いものではないということを認識しています。良くないコインやプロジェクト全てを排除するということは保証はできませんが、コインが当サイトに掲載される前は必ず、厳正な審査処理が行われます。もしコインやプロジェクトが詐欺の可能性があったり、信用性のないものであれば当サイトに掲載されない仕組みとなっています。

オミセゴーは2017年7月に流通が開始した仮想通貨です。

OMGネットワークに使われているセカンドレイヤー技術について詳しくお知りになりたい方は「暗号資産(仮想通貨)のセカンドレイヤー(レイヤー2)とは」をご参照ください。

XRP(リップル)は他の仮想通貨とは違いリップル社が発行・管理しているので、どちらかと言えば法定通貨のような中央集権通貨に近いです。

プライベートICOを成功させるためには仮想通貨に対し高い信頼性が不可欠です。

本記事では、主要暗号資産(仮想通貨)の中でも、代表的なビットコイン(BTC)と、独自の思想で開発された国際送金が得意なリップル(XRP)を比較し、両者の特徴や魅力を整理しながら違いについて解説します。

仮想通貨の中には、プラットフォームとして機能しているものが多くありますが、「Starbase(スターベース)」もその一つです。具体的にはどのような特徴があるのか、価格はいくらか、今後どのような可能性が …

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)では、どの仮想通貨やトークン、資産に投資すべきかなどの債務または、投資に関するアドバイスは行っていません。また、購入するタイミングや、販売するタイミングに関するアドバイスも行っていません。私たちは、あくまでもデータを提供するサイトです。金融資産など、価格は変更するという事を頭に入れておいてください。つまり、今後投資を考えている資本には、常にリスクがあるかもしれないということです。個人的な相談に関しては、投資の専門家やアドバイザーに相談する事をおすすめします。

スポンサーリンク