その後の仮想通貨相場急落に呼応してイーサリアム価格も下落した

仮想通貨の1つ目の選び方は開発目的で選ぶ方法です

ポルカドットは上場したばかりの比較的新しい仮想通貨ですが、2021年から高騰しており、今後も期待できるコインです。それはポルカドットが掲げている『Web3.0』に共感を持つ人が多いからです。

ステラルーメンは新興国での送金取引を目的に作られたコインです。ステラルーメンは非営利団体のステラ財団が開発運営をしています。仮想通貨の特徴である分散型のコインではなく、中央集権的なコインです。

しかし、仮想通貨業界の発展に従い、いわゆる「イーサリアムキラー」、つまりイーサリアムブロックチェーンのライバルが現れ始め、それぞれの優位性をアピールするようになりました。

カルダノの独自通貨であるADAは、本稿執筆時点で、時価総額にして5番目に大きい仮想通貨です。ADAは、450億コインが供給量の上限とされており、327億コインがすでに流通しています。ADAはローンチ以来、ほとんどの暗号通貨でトップ10に入っており、この技術の根本的な価値を強く示しています。

仮想通貨取引所コインチェックが外部から不正アクセスを受けて、2018年1月26日に約580億円分の仮想通貨NEMの流出が発覚した。その後の仮想通貨相場急落に呼応してイーサリアム価格も下落した。

ポルカドットの独自トークンDOTは、ガバナンストークンとして、またdAppsやスマートコントラクトを展開するためのネットワーク上の取引通貨として使用されます。DOTはローンチから1年あまりで、(本稿執筆時点では)すでに時価総額9位の仮想通貨としてランクインしています。

例えば海外取引所に仮想通貨を送金する時、ビットコインや他の仮想通貨であれば、手数料が高く送金に1日以上かかることも珍しくありません。

今では企業が発行する価値の高い仮想通貨から、ジョークコイン・詐欺コインなど様々な種類の仮想通貨が誕生しています。

イーサリアムは、分散型かつオープンソースのブロックチェーンネットワークで、オープンなインフラを利用し、独自の分散型アプリケーション(dApps)を構築するよう開発者を募っています。イーサリアムの独自通貨であるETHは、ビットコインに次いで時価総額が2番目に大きな仮想通貨です。

仮想通貨・ブロックチェーン業界で働いてみませんか?

仮想通貨元年と呼ばれた2017年には、暗号資産(仮想通貨)全体の知名度が上がり、イーサリアムも2018年1月には一時18万円を突破しました。

ビットコインは世界で最初に作られた仮想通貨で、「ブロックチェーン技術を使った中央管理を持たない仕組み」として話題になりました。

仮想通貨の1つ目の選び方は開発目的で選ぶ方法です。仮想通貨はコインによって開発目的が違います。

その2017年は仮想通貨元年と言われ、ビットコインやイーサリアムが大きく注目されるようになりました。2017年1月の始めに1000円を下回っていたイーサリアムは、12月には10万円近くまで上昇、翌年1月には一時18万円を突破しました。

仮想通貨はビットコインやライトコイン、リップルなど全部で9種類扱っており、業界最狭クラスの販売所スプレッドにより購入できます。

スポンサーリンク