国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所

国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所

価格の乱高下が激しい仮想通貨の世界にあって、法定通貨と連動することで決済機能の強化を目的に開発されたのがステーブルコインです。ステーブルコインの中でも時価総額が最も大きく、代表的な存在であるTetherとの連携はOMG Networkが優れたネットワークであることを示すもので、これもOMGの価格上昇要因になります。

そして2021年4月からの高騰は、何といっても国内大手仮想通貨取引所であるコインチェックへの上場が大きく影響していると考えられます。コインチェックなら手軽にOMGを購入できると考えた投資家の参入によって価格の上昇が起きたとすると、OMGは上場時点ですでに多くの投資家から期待されていたコインであると考えられます。

ディーカレットはスマホで簡単に、暗号通貨(仮想通貨)の交換・送受・保管ができます。もうひとつのバンクが、あなたの手に。

現在、日本の仮想通貨取引所ではBraveの利用でBATを直接付与できるウォレット機能の開発を進めています。

ビットコイン以外の仮想通貨が欲しいなら「販売所」を利用し、長期保有で利益を出しましょう。

仮想通貨はビットコインやライトコイン、リップルなど全部で9種類扱っており、業界最狭クラスの販売所スプレッドにより購入できます。

現在でもベーシックアテンショントークンを扱っている国内仮想通貨取引所はいくつかあります。

日進月歩とも言える仮想通貨の世界では、続々と新しいサービスや概念が登場しています。従来の仮想通貨取引では資金の移動や管理が主体でしたが、ブロックチェーン技術を応用してさらに多様な金融資産の移動や取引を可能にするDeFi(分散型金融)が注目を集めています。

OMGが誕生した当初は、日本国内の仮想通貨取引所には上場されていませんでした。日本人投資家がOMGを売買するには海外の取引所を利用する必要があったので、投資できる人が限られてしまうという側面がありました。

今後において、将来性がある仮想通貨を選ぶ際は以下の2点を意識してみてください。

それぞれ自分のトレードスタイルに合わせ、仮想通貨の取引を楽しんでくださいね!

続いて「暗号資産の詐欺、悪質商法にご注意を」です。暗号資産がまだ仮想通貨といわれていた2017年から2018年にかけては、ビットコインにまつわる詐欺の話がよく出ていましたが、現在も無くなってはいません。

2020年の8月は、「コロナショック」の影響から金融市場が立ち直りを見せ始めた時期です。株価や為替などで起きた暴落から落ち着きを取り戻し、金融緩和による投資マネーの流入もあって金融市場が全体的に活況を呈し始めました。仮想通貨も例外ではなく大量の投資マネーが流入したため、多くのコインで急騰が見られました。OMGもその流れに沿うかのように高騰し、それまでの水準と比べると約5倍の価格となりました。

コインチェックで仮想通貨を売買するには、まずコインチェックに日本円を入金しなければなりません。入金手数料、そして出金手数料を解説します。

国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所。仮想通貨を始めるなら、はじめてにやさしいbitFlyer(ビットフライヤー)!

スポンサーリンク