こうした現在のシステムの病に対する答えが仮想通貨だ

こうした現在のシステムの病に対する答えが仮想通貨だ

ビットコイン投資で億り人になりたいという人に対し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用委員を務めた投資のプロであり、経済学者の小幡績准教授は「現実を見よ」と警鐘を鳴らす。仮想通貨関連では2022年以降も様々なイベントが待ち受けているが、それでも、ビットコインは大暴落してしまうのか?

2021年6月28日現在の仮想通貨時価総額ランキングをみると、合計時価総額は1兆8,000億ドルのうち、第1位はビットコイン(BTC)で約6,600億ドル、第2位がイーサリアム(ETH)で約2,500億ドルである(CoinMarketCapによる)。

皆さんもご存知、仮想通貨バブル期。

仮想通貨の中で2番目に時価総額が大きいイーサリアムの創業者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、仮想通過は「いつゼロ近くまで下落するか分からない」と警告した。

さらにbitFlyerなら、イーサリアムを含む仮想通貨への投資を「100円」から始めることができます!

24歳のプログラマーでライターのブテリン氏は、仮想通貨の投資家に対して、「失っても構わない以上の金額を投資しないこと」とアドバイスする。

bitFlyerは、ビットコイン取引量で国内No.1を誇る最大級の規模の仮想通貨取引所だ。イーサリアム以外のアルトコインの取り扱いも豊富で、最小取引単位が小さいことから、少額で投資を始めたい初心者にも人気がある。

ビットコインに続いて開発されたイーサリアム(仮想通貨名「ETH/イーサ」)は、分散型アプリケーションを実現させるためのプラットフォーム構築を目的としており、イーサリアムは一連のプロジェクトの名称であった。

ビットコインなど主要4仮想通貨については、仮想通貨名をクリックすると国内取引所での現在の取引価格(API経由)、手数料等が閲覧できます。

2017年〜2018年にかけての仮想通貨バブル期に、ICOを利用した詐欺が横行した関係で、各地でICOへの規制が強化されていました。

7月頃の実装を控える暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の「ロンドン」アップグレードが、6月24日にテストネット「Ropsten」で実装されるとイーサリアム財団のウェブサイトに投稿されたブログ記事で明らかになった。…

仮想通貨やブロックチェーンに関する国内外の法規制動向、取引所、大手金融機関、ICOなどに関する最新情報をお伝えしています。

どうして伝統的な資産が最も安全な投資先なんだ? 俺たちが生きているのは、これまでにないボラティリティの高い時代だ。株やその他の金融商品の取り引きは、痛みを伴う。こうした現在のシステムの病に対する答えが仮想通貨だ。投資する前に宿題を済ませることが必要だ。

仮想通貨トレーダーから最も人気の高いbitFlyerなら、とってもかんたんにイーサリアムを購入することができます!

2017年4月〜7月の時点でも、仮想通貨市場はかなりの盛り上がりを見せていたのですが、この後さらに大きな価格高騰が起こることになるんです…!

スポンサーリンク