仮想通貨取引に慣れていない方でも気軽に始められる点が嬉しいですね

仮想通貨取引に慣れていない方でも気軽に始められる点が嬉しいですね

IOSTはDeFi関連銘柄として人気の高い仮想通貨です。次世代のコンセンサスアルゴリズムであるProof of Believabilityを採用したことにより、高速処理と非中央集権性を実現しました。

一方で、仮想通貨における時価総額の推移を見ても乱高下が激しく法定通貨として利用するのは難しいと言った意見も多いです。

仮想通貨の価値が暴落する今後の要因として考えられるのは以下の4つです。

アメリカで市場調査を行うAllied Market Researchのレポートによると、仮想通貨の価格は2030年までに1兆円規模に成長する見込みです。

XRPの取引所としてはCoincheckがおすすめです。Coincheckは初心者でも使いやすいUIです。仮想通貨取引に慣れていない方でも気軽に始められる点が嬉しいですね。

Allied Market Researchは新型コロナウイルスの流行が、金融機関が仮想通貨に参入するきっかけになるとも予想していました。今後の10年で仮想通貨への投資者は増え、金融サービスがデジタル化されるとも考えられています。

仮想通貨は国内に限らず世界中で取り扱われているため、国内の政策で時価総額を一定にすることも難しく、当面今後は投機対象商品といった位置づけで良いとされています。

Rodgers氏は、Cash Appの親会社Squareによる声明の中で、「私は仮想通貨(暗号資産)の未来にワクワクしており、ビットコインを大いに信じている」と述べている。

予想通りに市場規模が拡大すれば、仮想通貨市場は毎年30%ずつ成長する計算になります。

予想のように現在の価格から2倍に上昇する可能性は高いと言われていますが、必ず実現するとは限りません。仮想通貨が規制されていない状況において価格が上昇する可能性があるのであって、市場規模が大きくなれば政府などにより規制される可能性もあります。

ただし各国政府の仮想通貨に対する動きや、取引所へのハッキングなどがあれば話は変わってくるでしょう。

[シンガポール 3日 ロイター] – アジア時間3日の取引で、暗号資産(仮想通貨)として時価総額2位のイーサが4643ドルの最高値を付けた。前日の最高値4600ドルを上回り、週間の上昇率は10%を超えた。

仮想通貨は不正利用がしづらく、即時決済が可能という特長があり、グローバル決済の新たな手段となるでしょう。

スポンサーリンク