仮想通貨 ステラルーメン

仮想通貨 ステラルーメン

ステラルーメンだけでなく、仮想通貨全体の景気がよくなっても価格上昇につながったと考えられる。

ステラルーメンの独自の取り組みが、世界中の投資家から評価を受ける可能性もある。東南アジアやイスラム圏でのネットワーク構築がうまくいけば、相場に追い風が吹く。発展途上国の活性化を狙うのは、仮想通貨ではあまり見られない例なので、注目も集まるだろう。

ウクライナでのCBDC開発や銀行発行ステーブルコインの基盤としての採用は、Stellarブロックチェーンにとって非常に大きな意味を持ちます。仮想通貨ステラルーメン(XLM)にもポジティブな影響をもたらすかもしれません。Stellarのエコシステム全体の将来性に期待する方は、長期投資を考えてみても良いでしょう。

ビットコインはすべての仮想通貨の中で時価総額1位、ステラルーメンは時価総額23位だ。数千種類の仮想通貨があることを思えば時価総額23位も十分すごいのだが、それでもビットコインはステラルーメンの約123倍もの時価総額を誇っている。

ステラルーメン(XLM)は2014に生まれた仮想通貨で、2021年10月29日時点で時価総額ランキング25位を誇る主要な仮想通貨のひとつです。

XLMは、国内では仮想通貨交換所Coincheckが初めて上場し、2019年11月12日から取り扱う予定だ。すでに世界中の複数の仮想通貨交換所に上場しており、公開から4年間でステラのブロックチェーン上には300万の個人口座があり、4億5000万件以上の決済が行われたという。

2018年から始まったIBM国際送金プロジェクト「IBM Blockchain WorldWire」やデロイトとの提携、ドイツでデジタル債券のベースブロックチェーンとしての採用、メッセージアプリSignalでの仮想通貨決済の基盤としてのテスト運用、アフリカでのデジタル通貨圏の基盤採用など、非常に勢いがあります。

これにつられる形で、ステラルーメンをはじめ多くの仮想通貨が下落したのだ。

国内最多の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

長期的には、今後もステラルーメンの価格上昇が起こる可能性はある。仮想通貨全体にとって有利な出来事があったときは、ほかの種類と共に上昇するだろう。

この時期には、アメリカでジョー・バイデン氏が大統領選挙に勝利したが、彼はデジタル通貨を推進するスタンスでも有名だ。さらにIMF(国際通貨基金)も、デジタル通貨普及を認めることを表明するなど、仮想通貨全体にとって追い風になる出来事が続いた。

スポンサーリンク