ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます

そして、多くのアルトコイン価格の下降傾向をイーサリアムが拡大してきた。

アルトコインにも分散投資を行い、ポートフォリオを組み替えることで、ビットコインの暴落から資産を守れる可能性があります。アルトコインで資産運用しようと考えているなら、アルトコインの価格が動いたタイミングを狙って売買すると良いでしょう。あらかじめ取引したいアルトコインを決めておいて、タイミングを見極めるようにするのです。DMM Bitcoinのスマートフォン版取引システムアプリ(トレード口座)には、設定した価格になると知らせてくれるアラート機能があるため、売買のタイミングを見逃さないために活用できます。

A:アルトコインは数多くあり、全種類を取り扱っている暗号資産取引所はない。
取引所により取り扱っている暗号資産の種類は異なっており、暗号資産によっては日本国内で購入できない種類もある。その場合、海外の取引所の口座が必要となるが、金融庁の認可が降りていないため安全とは言えない。

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。アルトコインは数千種類存在するため、中には将来有望で価格が大幅に高騰するものも存在すると思われます。

GMOインターネットグループが運営するGMOコインは、14種類の仮想通貨を取り扱っており、アルトコインは12種類だ。

またビットコインだけに投資するのではなく、様々な資産運用と併用することが重要です。またビットコイン以外の暗号資産(アルトコイン)も数多く存在しています。ビットコインの価格がアルトコインの価格に影響する部分はあるものの、暗号資産の種類によって影響の大きさには違いがあるでしょう。投資先を分散しておけば、ビットコインが急落しても損失を抑えられる可能性があるので、投資方法についても自分に合ったものを探してみることが大切です。

ビットコインが下げ相場になっていると予測した場合、空売りによって利益を得るという選択肢もありえるのです。DMM Bitcoinでは、ビットコインやアルトコインのレバレッジ取引において、空売りを行えます。

すでに知名度が高いアルトコインを選択するのは、リスクの小さい見分け方です。時価総額ランキングの上位に食い込んでいる通貨であれば、突如価値が0になることは考えにくいです。

アルトコインを売買するには、まずは仮想通貨取引所で口座開設する必要がある。口座開設後は、日本円を入金し、アルトコインを購入すればいい。売買までのステップは単純だが、口座開設には時間がかかるケースもあるため、投資チャンスを逃さないよう早めに口座開設しておくと安心だ。

保有しているビットコインの価格が暴落すれば、大きな損失になってしまうでしょう。しかし、長期的な成長を期待している場合は、むしろチャンスだといえます。価格が下がっているときにビットコインを購入しておけば、それだけ値上がりで得られる利益が大きくなるからです。また、過去の相場からビットコインの価格が急落すると、アルトコインの価格も下がるという傾向があるといわれています。ビットコインの買い増しに不安がある場合には、アルトコインを購入するという方法もあるでしょう。長期投資を考えている場合は、そのときの価格変動に動揺したりせず、冷静に状況を見極めることが重要です。

ステラルーメンは、非営利団体のステラ財団が開発・運営するアルトコインだ。ビットコインやイーサリアムと異なり、中央集権的な運営が行われている。非営利団体は、利益を目的とした活動ができないことから、透明性の高い運用がなされているのも特徴の1つだ。

DMMグループが運営するDMMビットコインは、12種類の仮想通貨を取り扱っており、アルトコインは11種類だ。ただし、現物取引ができるのは「ビットコイン/円」「イーサリアム/円」「リップル/円」「ビットコインキャッシュ/円」「ライトコイン/円」「ステラ・ルーメン/円」「ビットコイン/イーサリアム」の7種類に限られている。

A:ビットコインと同じように、まずは暗号資産(仮想通貨)取引所での口座開設から始める。
開設した口座に日本円を入金し、アルトコインに交換する。
アルトコインの価格が上昇した後、アルトコインを再び日本円に交換することで差益を得る。

仮想通貨の取り扱い銘柄数は17種類で、ビットコインを除くアルトコインは16種類ある。2021年10月現在、銘柄数が最も多い取引所だ。

A:一言で言うと、ビットコイン(BTC)以外の暗号資産(仮想通貨)の総称である。
「イーサリアム(ETH)」「リップル(RXP)」などが代表的なアルトコインとして有名である。

スポンサーリンク