仮想通貨 イーサリアム チャート

仮想通貨 イーサリアム チャート

イーサリアム(ETHEREUM)は2015年の登場当初は80円程度の値で推移していた。その後2017年9月ごろから高騰し、11月には4万円台を記録した。背景には、ビザンチウム(Byzantium)が計画どおりに稼働したことがある。ビザンチウムとはイーサリアム(ETHEREUM)のハードフォークを指す。ハードフォークは仮想通貨業界ではしばしば使われる言葉で、根本的なルール変更のことだ。

シャーディングの最大の欠点は、それがうまくいかないとセキュリティを損なう可能性がある点です。これらのミニシャードチェーンを安全に保つ役割を果たすバリデータが減るため、悪意のある存在に乗っ取られる可能性が生じます。つまり結局は、長年に渡って仮想通貨愛好家を悩ませたジレンマが発生するのです:スケーラビリティ、分散化、セキュリティの中で2つしか選べないのです。

bitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。bitbankでは、100を超えるテクニカル分析が使える高機能なチャート「TradingView」が無料で利用できます。TradingViewは、Google ChromeやSafariなどのWebブラウザ上で動作するので、チャート分析サービスをダウンロードする手間などはありません。

DMM Bitcoinは株式会社DMM.comのグループ会社で、同グループにはFXやCFDを扱う「DMM.com証券」などがあります。DMMグループは、「DMM.com証券」「DMM FX」「外為ジャパンFX」の3社で65万口座以上が開設(2018年3月時点)されています。10年のサービス提供実績や金融ノウハウをもつDMMグループが運営する仮想通貨取引所がDMM Bitcoinです。

マイニングコミュニティから大規模な反感を買う恐れもあり、貴重な収入源を守るためにPoSコンセンサスが導入されるのを阻止するユーザーも出てくるかもしれません。このような想定は非現実的ですが、仮想通貨が2つに分割するハードフォークのリスクが伴います。

例として、1ETHに300米ドルの価値があると仮定すると、バリデーターになるためには総額9,600米ドルが必要になります。かなり高額であることが分かりますね。それにより、仮想通貨愛好の間では、保有するEtherを収集して利益を分割するステーキングプールが登場しました。

2021年現在では時価総額が2位の仮想通貨であり、最も知名度の高い仮想通貨の一つといっても過言ではありません。

ちなみにこの時期、仮想通貨が世界的に注目されており、全般的にマーケットが上昇トレンドに入っていた。これも追い風になって、急上昇したと考えられる。

結局Ethereumが成功するかどうかは、今後の数年間で大きく左右されます。仮想通貨コミュニティの中ではフェーズ0の度重なるローンチ延期からブロックチェーンへの信頼を失い始めたユーザーも出てきており、DeFiもブロックチェーンネットワークを限界まで追い込んでいることから、Ethereum財団が圧力を感じるのは無理もありません。

国内最多の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

2018年1月には、16万円程度にまで急騰したが、同年3月に開催されたG20で仮想通貨の規制に関する話し合いが行われた。その影響もあり、仮想通貨の値段が全般的に下落し、4月には4万円台まで落ち、一時期の1/4程度の価値しかなくなってしまった。

またETFとして上場するという説が広がっていることも、将来有望といわれる根拠の一つだ。ETFとは上場投資信託のことで、証券取引所で取り扱われる可能性があることを意味する。仮想通貨取引所だけでなく、証券取引所でも売買されることになれば、参加する投資家が格段に増える可能性が高い。それに伴い、これまで以上に価格が高騰する可能性もある。

というのも送金処理が非常にスピーディだからだ。イーサリアム(ETHEREUM)の場合、15秒程度で送金手続きが完了するといわれている。仮想通貨の中で最も知名度の高いビットコインの場合、送金処理には10分程度かかる。この時間を見れば、イーサはいかに早く取引完了できるかがわかるだろう。

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称です。このプラットフォーム内で使用される仮想通貨をイーサ(英: Ether、単位: ETH )といいます。日本では、プラットフォームを意味するイーサリアムと通貨を意味するイーサをどちらも「イーサリアム」とする表現が普及しています。

「ビットフライヤー」は株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けており、現在では仮想通貨交換業を行うにあたってライセンスが取得となる米国、ヨーロッパでもサービス展開をしています。仮想通貨取引においては、現物取引以外に証拠金取引や先物取引といったサービスを提供していることも特徴です。

スポンサーリンク