田中さんが仮想通貨の存在を知ったのは17年6月

田中さんが仮想通貨の存在を知ったのは17年6月

東北の地方都市でIT関連企業に勤める田中涼さん(仮名・30代)は、仮想通貨で大損した1人だ。

複数の種類の仮想通貨を保有している場合は、年度末時点で通貨ごとに含み益・含み損が発生している可能性があります。長期保有をする場合でも、利確して含み益・含み損を計上してから翌年度に持ち越すことで節税対策ができます。

「仮想通貨は儲かる」というイメージで仮想通貨投資を始めたものの、思いのほか損失が出てしまったという人は多いのではないでしょうか。

所有している仮想通貨が含み損を抱えており、今後も回復の見込みが薄いなら、年末までに処理して利益を減らすことで節税になります。

田中さんのようなザイフトークンに期待していた人をネットでは「ザイファー」と呼んだ。田中さんはツイッター上で有名なザイファーとして、同仮想通貨の普及を目指した。

2017年末から2018年始めにかけては、ほとんどすべての仮想通貨は大きく値上がりし、バブルのような様相を見せました。しかしその後は、値崩れを起こし、大きく投資した人は、多大な損失を出しました。

1月1日から12月31日までの雑所得の合計額を計算することになりますが、例えば仮想通貨による利益が500万円あって、所有する仮想通貨の含み損が100万円あったとします。このとき、含み損を抱える仮想通貨を売り払って損失を確定させると利益が400万円に減り、納める所得税が減ります。

仮想通貨で得た所得は、雑所得として確定申告を行わなければなりません。雑所得の中で損益通算を行うことができます。

他の副業で雑所得を得ている方は、仮想通貨取引で発生した損失を計上することで確定申告の際に年内に発生した利益を相殺することも可能です。仮想通貨取引をお考えの方は、損失が発生した際にも確定申告を活用することで節税につなげることができるということを知っておきましょう。

大手仮想通貨交換業者のバイナンスとFTXトレーディングは7月、トレーダーに提供するレバレッジの最大比率を100倍超から20倍に引き下げた。それでも標準的な米国株式取引の口座で提供される比率より高い。

ボラティリティが高いということは、仮想通貨の大きな魅力です。1日に10%以上の値動きを見せることもあります。

海外では100倍を超える仮想通貨FX取引のサービスを提供している取引所もありますが、そうなると投資よりもギャンブルに近い性質になります。

田中さんが仮想通貨の存在を知ったのは17年6月。いつも見ているユーチューブの競馬予想チャンネルで、配信者が「仮想通貨が儲かる!」と口にしたことがきっかけだ。

ビットコインには環境への悪影響を巡る批判や世界各国での規制強化など、逆風が吹き荒れている。しかしビットワイズ・アセット・マネジメントのCEO、ハンター・ホースレー氏は最近の動向が規制の透明性改善につながり、それは仮想通貨社会が常に待ち望んでいたものだと指摘。新たな投資家を呼び込む一助となり得ると述べた。

仮想通貨のレバレッジ取引には、確かに優れたメリットもありますが、デメリットも存在します。レバレッジ取引を始める前にリスクやデメリットを知っておくだけでも、大きな損失を避けることができるかもしれません。

スポンサーリンク