仮想通貨 いくらから

仮想通貨 いくらから

ディーカレットはスマホで簡単に、暗号通貨(仮想通貨)の交換・送受・保管ができます。もうひとつのバンクが、あなたの手に。

仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上でやり取りされる電子データで、決済の手段として使用され、財産としての価値を持つものをさします。ビットコイン、イーサリアム、リップルなどが主要な仮想通貨として知られています。

なお国税庁は、どの仮想通貨が「活発な市場がある仮想通貨」であるか明示していません。
取引所や販売所で十分な数量と頻度の取引が行われ、継続的に価格情報が提供されている仮想通貨であれば、活発な市場があるものとして評価します。

一方、パスワードがわからないことだけを理由に仮想通貨を相続税の対象から外してしまうと、課税の公平性が損なわれる恐れがあります。相続人は本当にパスワードがわからないのか、あるいはわからないふりをしているだけなのか確認のしようがないからです。

DMM Bitcoinでは、取引手数料や仮想通貨の入出庫手数料、日本円の入出金手数料が無料です。さらに、スマートフォンのみでも口座を開設できる上、スマートフォン版取引システムアプリを使った現物取引やレバレッジ取引も可能となっています。リスクに備えた情報収集を行いつつ、仮想通貨取引を手軽に行えるよう配慮されています。

仮想通貨交換業者を介したビットコイン取引では、「レバレッジ取引」という取引方法を利用できます。レバレッジ取引や空売りがどのようなものなのか、解説しましょう。

続いて「暗号資産の詐欺、悪質商法にご注意を」です。暗号資産がまだ仮想通貨といわれていた2017年から2018年にかけては、ビットコインにまつわる詐欺の話がよく出ていましたが、現在も無くなってはいません。

つまり、「仮想通貨」と「暗号資産」は名称が異なるだけで中身は全く同じなのです。

仮想通貨(暗号資産)は、一時のブームは沈静化したものの、投資の手段として今なお活発な取引が行われています。

仮想通貨を探し出すには、まず、故人が生前に「仮想通貨で儲かった」とか「損をした」とかいう話をしていなかったか思い出してみます。

仮想通貨は財産的な価値を持つものであり、亡くなった人から相続すれば相続税の課税対象になります。一方、インターネットで取引されるため相続人にとっては存在がわかりにくく、大切な資産が承継されない恐れもあります。

具体的には、仮想通貨がどこにあるか、相続があったときにどうすれば仮想通貨を引き出せるか(または換金できるか)といったことを、紙に書いたメモで残しておきます。わざわざ紙に書くのは、相続人に見つけてもらえるようにするためです。

仮想通貨を交換業者に預けている場合は、交換業者に依頼すれば残高証明書が発行されます。
残高証明書に記載された取引価格から相続税評価額を求めることもできます。

仮想通貨をガチホ・長期保有するメリットとして、短期売買と比較して課税回数が少ない点が挙げられます。

ビットコインは、2008 年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文の中で構想が示され、それを受けて運用が開始された仮想通貨です。

スポンサーリンク