bitcoincom 使い方

bitcoincom 使い方

とても見やすいホーム画面で使いやすい取引所です。自分の資産が現在プラスなのかマイナスなのかが分かりやすい。

【SNSによる認証設定】の画面が表示されますので、お使いの電話番号で間違いないことを確認できましたら、[コードを送信する]をタップします。
通常数十秒以内で、自動音声通話かSMS(ショートメッセージサービス)が、入力した番号に届きます。そこで案内された6桁の数字(これを「2段階認証コード」と呼びます)を画面に入力し、[認証する]をタップします。
これで、2段階認証の設定は完了です。

1つ目のポイントは、「サービスの使いやすさ」である。最低でも、スマホ対応していることは必要条件であると言える。

CoinDesk Japanでは、「サービスの使いやすさ」「取扱通貨の豊富さ」「手数料/スプレッド」「セキュリティ体制」「ハッキング時の補償制度の有無」の5つの評価軸に基づき、国内でおすすめの仮想通貨/ビットコイン取引所を総合的に比較・評価している。

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。サービスの使いやすさに定評があり、スマホアプリの累計ダウンロード数は2021年7月時点で415万を記録。取引手数料は無料。国内では最多となる17通貨に対応しており、国内ではCoincheckでしか取り扱っていないアルトコインも多い。代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の理事(非常勤)を務めている。

bitiFlyerはセキュリティ面で安心できるのが大きいです。 世界でセキュリティが1位というインパクトは凄い。

アプリは使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法については、こちらのページ「入金方法を教えてください。」を参照のこと。

Bitcoin.comウォレットでは、ウォレット作成の方法も非常に容易となっています。
ここではウォレット作成方法やウォレット作成以外の機能の使い方を解説していきます。

良いところは初心者でもまごつかないアプリが用意されていること。仮想通貨初心者ですが、使い方をマスターできることが嬉しい。

DMM Bitcoinでは、資金を管理する「ウォレット口座」から出庫して、ビットコインを使います。「マイページ」にあるメニューで、「BTC出庫」を選び、出庫アドレスに支払い先のアドレスと数量を入力してビットコインを送付できます。そして、暗号資産の出庫は出庫依頼後、3営業日以内に送付が行われます。

ハードウェアウォレットは使い方に注意しないと、暗号資産が盗まれたり、喪失したりするリスクがある。PINコードが入っていて初期設定を自分でする必要がない場合、悪意のある第三者が保管されている暗号資産(仮想通貨)を盗む危険性がある。安全性を重視するなら、初期設定は自分で行うべきだ。

アプリ日本最大級の大手取引所なので、システム的にもしっかりしていますし、セキュリティ対策もされているので、安心して使うことができています。は使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

ビットコインや暗号資産の取り扱いに関する税制はまだまだ未整備な状態であり、今後ビットコインが普及するためには、より使いやすい内容に改善される必要があります。

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」の使いやすさで初心者にも人気がある。6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているGMOクリック証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。

スポンサーリンク