詳細:仮想通貨のレバレッジ取引とは?

詳細:仮想通貨のレバレッジ取引とは?

ポルカドット(DOT)は、2021年10月20日時点、時価総額8位の暗号資産(仮想通貨)です。
ポルカドットは、イーサリアムの共同創設者でイーサリアム財団(Ethereum Foundation)の元CTOであるGavin Wood氏らが率いるWeb3 Foundationによって考案されたプロジェクトおよびエコシステムの名称です。またポルカドットのエコシステムで流通するネイティブトークンを「DOT」と言います。

続いて「暗号資産の詐欺、悪質商法にご注意を」です。暗号資産がまだ仮想通貨といわれていた2017年から2018年にかけては、ビットコインにまつわる詐欺の話がよく出ていましたが、現在も無くなってはいません。

DMMビットコインはレバレッジ取引に力を入れている販売所なので、現物取引できる仮想通貨が少ないです。現物取引できる通貨はビットコイン・イーサリアム・リップルのみとなっています。ビットコイン・イーサリアム・リップル以外の仮想通貨を現物取引したい方は、他の仮想通貨販売所を検討した方が良いでしょう。

DMMビットコインの特徴として、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の取り扱いが比較的多いこと、アルトコインでレバレッジ取引ができることが挙げられます。また、様々な手数料が無料である点、取引ツールが使いやすい点なども特徴の1つです。

ビットコインは時価総額が大きく、流動性が高いという特徴があります。
流動性とは、簡単にいうと売買のしやすさ(換金性の高さ)のことを指します。
ビットコインの時価総額は、2020年12月現在で40兆円を突破し、2017年12月以来の過去最高値を記録しており、現時点ではすべての仮想通貨(暗号資産)の中でNo.1となっています。
時価総額は、仮想通貨(暗号資産)の価格 × 発行枚数で決まります。
そのため、ビットコインの発行枚数を考慮しても、現在価格の価値があると市場で売買されている結果、時価総額1位になっているということになります。それだけ仮想通貨(暗号資産)の中でビットコインの価値を認め、安心・信頼を寄せる人が多くいるともいえます。ビットコインは最もメジャーで人気のある仮想通貨(暗号資産)であり、買いたい人も売りたい人も多くいる銘柄の1つです。世界中の多くの仮想通貨取引所で取り扱われており、日々の取引量が多いため、流動性が高いといえます。取引量が多ければ多いほど、それだけ売買が盛んに行われていることを示しておりますので、まとまった金額でも比較的購入・売却がしやすく、現金化したい時も換金しやすいメリットがあると考えられます。

DMMビットコインでは、ビットコインを含めた12種類の仮想通貨を取引できます。他の国内販売所と比べても取り扱う仮想通貨が多いので、ビットコインだけでなく、アルトコインの購入も考えている人にとってはメリットのある販売所です。また、アルトコインの種類が多いため分散投資もしやすくなります。1つの仮想通貨にすべて投資すると価格が急落したときのダメージが大きくなりますが、分散投資をすれば資産へのダメージを抑えられます。

ビットフライヤーは、ゴールドマンサックスの元トレーダーが創業した取引所です。仮想通貨に密接に関わる日本ブロックチェーン協会の設立を主導し、同協会に参加する主要企業のひとつです。

上昇相場だけではなく、下落相場において売りにて利益を狙うことも可能なことから収益機会を最大化したいと考えている方は、ビットコインの現物取引だけでなく、レバレッジ取引も視野に入れてみてはどうでしょうか。
詳細:仮想通貨のレバレッジ取引とは?

コスモス(ATOM)は、2021年10月20日時点、時価総額24位の暗号資産(仮想通貨)です。
コスモスは「Internet of Blockchains」の実現を目標としたプロジェクトおよびエコシステムの名称です。またブロックチェーン「コスモスハブ」で流通するネイティブトークンを「ATOM」と言います。

多くの仮想通貨には発行上限が決められていますが、イーサリアムは発行上限がありません。

しかし、今では経済界でもビットコインの存在を認めざるを得ない状況に変化している。ビットコインの上場投資信託はアメリカの証券取引委員会によって一度は却下されたが、こんどはシカゴのオプション取引所が承認するのではないかと注目されている。ブームのおかげで日本のメガバンクも出資する会社でビットコイン売買の口座が開設できるなど、金融庁がお墨付きを与える仮想通貨交換業者も出てきて、一種の投資商品という体裁が整ってきた。

仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶ上での比較ポイントは大きく分けて5つあります。

DMMビットコインには販売所方式と取引所方式のハイブリッドのような注文が可能となるBitMatchが用意されています。BitMatchとは、DMMビットコインが提示するミッド価格(仲値)を参考に、発注から制限時間内に顧客同士の注文がマッチングすればミッド価格での取引が成立する注文方法です。販売所方式の仮想通貨取引ではスプレッドが発生しますが、BitMatchではスプレッドが発生しません。ただし、BitMatch注文時には取引手数料が発生することに注意しましょう。

リキッドバイコインは「暗号資産 / 仮想通貨交換業者」として、日本で初めて金融庁から登録された企業です。アカウントロック機能や厳重出金管理機能などのセキュリティ対策もあるので、安心して取引ができるでしょう。

DMMビットコインは様々なビジネスを展開する大手企業DMM.comのグループ会社が運営しています。仮想通貨販売所には顧客からの資産が多く集まるので、ハッキングやサイバー攻撃への対策などセキュリティの高さが求められます。そして高いセキュリティを実現するには潤沢な予算と人材が必要となるため、運営元がDMMのような大手企業の方が安全性に期待が持てるのです。特にDMMは、DMM.com証券でトレーディング分野の実績もあるので、セキュリティ管理の信頼性は非常に高いです。

スポンサーリンク