bitcoin 価格

bitcoin 価格

価格.comマネー編集部からワンポイント!

一方、ビットコインは金市場が調整している期間にボラティリティの上昇を伴って急騰、2017年12月の史上最高値を2020年11月に更新し、今年に入って30,000ドルを超えた。ここにきて米国NASDAQ市場とビットコイン市場の相関が高まってきているので分散投資先としては注意が必要であり、この市場のボラティリティは非常に高く(年率で50-110%程度)、市場規模も急速に拡大しているとはいえ60兆円程度である。1,000兆円を超える金市場と投資対象として単純に比較することは出来ない。しかし、ビットコインの価格急騰は金が急騰する前の前兆、つまりは各国の通貨価値が金に対して暴落する前兆と理解するべきと考えている。ビットコインの上昇要因も金と同じく供給量が限られていることに注目すべきだ。

© 2021 bitFlyer, Inc.

過去の半減期を参考にすると、第1回目の半減期は2012年11月で、この時期はまだビットコイン黎明期だったこともあり価格への影響はほとんどありませんでした。第2回目である2016年7月の半減期では、2か月前頃から価格が上昇し6月末にいったん下落、半減期終了後にまた上昇するという値動きが見られました。

タップルートのアップデートや法定通貨として利用されることはビットコインの追い風となり、今後価格上昇していく可能性は高いでしょう。

A:ビットコインが誕生した2008年から2020年の間で、価格は130万倍になっています。
この12年の間、常に一定のペースで価格が上昇し続けたのではなく、報道による認知度向上による急騰やハッキング被害による急落などの乱高下を経ています。
歴史的にも類をみない事例で、非常に特異的だと言えます。

A:根底にある要因は、”誰も経験したことがない新しいもの”という点です。
インターネット上で誕生した暗号資産(仮想通貨)はIT社会と切り離せない存在です。
従来は”通貨”の主戦場は金融市場でしたが、その金融市場がIT社会の急速な発展に対応しきれているとは言い難いのが実状です。
そのため、過去には考えられないような要因に価格が左右されることがあります。
代表的な1つがハッキング問題です。
他にも、各種メディアによる宣伝効果、避難通貨としての活用、大手企業による大量購入、国家規制などが要因として挙げられます。

結局2020年の1年間、ビットコインの価格は1月の75万円台から12月の275万円台までで約100万円の伸びを見せたことになります。

「1ビットコイン(BTC)っていくらなの?あんまり高いお金は準備できないなぁ」「少額からでも大きな利益を狙えるって本当?」結論から言ってしまうと、1ビットコイン(BTC)は100万円ほどですが、500円など少額からでも購入することが可能です。 今回の記事では、1ビットコインの価格やビットコイン投資が儲かる理由、具体的な購入手順などの利益を出すために必要な情報まで徹底解説していきます!

ビットコインの価格は6月第4週に暴落し、その後は少し値を戻している。価格の変動は予測不可能だ。いずれにせよ、ビットコインが救世主になるという望みはまだ人々の間で生きている。そしてそれは、消費者の実際のお金の使い方とはまったく関係がないものだ。

2020年の金融市場は、コロナ禍の影響を受けた各国の金融緩和政策によって大きな影響を受けました。もともと値動きが激しいとされるビットコインですが、同年5月~6月頃に安定していた価格が急上昇したことは記憶に新しい現象です。

また、ハッキングのような緊急事態は一般人が事前に察知することは不可能であり、価格要則を一層困難にしている要因といえるでしょう。

そうした個人トレーダーの多くは、「Robinhood」という証券取引アプリを駆使している。その名はまさに、そうしたムーヴメントの無法者のような精神を体現している。それは従来の強者に対して明確にノーを突きつけるものだ。

今後ビットコインが価格上昇していくには以下の5つの要因があります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格が高騰しているにもかかわらず、法定通貨と同じように使われている様子は見られない。一部の大手企業がビットコインを受け入れ始めたことは事実だが、消費者がビットコインを使っているわけではないし、そうする利点も明確ではない。

スポンサーリンク