仮想通貨の取引所は全世界に数多くあります

仮想通貨の取引所は全世界に数多くあります

米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は11日、暗号資産(仮想通貨)は政府によって規制されるだろうとし、その代表格であるビットコインは個人的には「価値がない」と考えていると語った。

世界最大級のオンライン決済サービスPaypalでビットコインを含む複数の仮想通貨の取り扱いを開始することが発表されました。

仮想通貨の取引所は全世界に数多くあります。マイナーな仮想通貨が、これまで上場していなかった仮想通貨取引所で取引されるようになれば、利用者が増えることが予想されます。これに伴って、需要が高まるケースが考えられます。

4つ目の論点は、「世界各国の規制強化の動き」である。過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、ビットコイン(Bitcoin)価格が下落するケースが存在する。仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、ビットコイン(BItcoin)価格も上昇する可能性がある。

しかし、翌年にはハッキング被害、規制等が立て続けに起こり価格もピーク時から約80%以上下落したことで仮想通貨バブルが崩壊することになりました。

仮想通貨を利用できる店舗やサービスが増えることにより、仮想通貨の知名度が高まることで、需要も高まる可能性があります。また大手企業が仮想通貨の採用を決めたなどのニュースが報道されることで、需要が高まる場合もあります。逆に仮想通貨に関するネガティブな報道によって、需要が減退し、値下がりする場合もあります。

従来のビットコインのブロックチェーン(ブロックサイズ上限1MB)が初めて人為的に分裂することとなり、ハードフォークにより新たな仮想通貨としてBitcoin Cash(ブロックサイズ上限8MB)が誕生しました。

20日の取引で、暗号資産(仮想通貨)のビットコインが一時6万7016.50ドルに上昇し、過去最高値を更新した。その後は3.3%高の6万6364.72ドル近辺を推移している。

これにより2021年以降からPaypal内で仮想通貨の売買及び保管までできるようになりました。

ビットコインは、2008 年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文の中で構想が示され、それを受けて運用が開始された仮想通貨です。

暗号資産取引所コインチェックは外部からのハッキング攻撃を受けたことによって、580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が盗難され、大規模な事件に発展しました。

仮想通貨にはそれぞれに開発者がいます。開発者は仮想通貨の送金速度の向上や、セキュリティ対策のために日々改善を進めています。アップデートにより改善が反映されると利便性が向上し、アップデートされた仮想通貨の価格は値上がりする可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)ビットコインが15日の取引で半年ぶりに6万ドル台に乗せ、4月に付けた過去最高値に迫った。

米国で初となる暗号資産(仮想通貨)ビットコイン先物に連動した上場投資信託(ETF)の取引が19日始まった。仮想通貨への投資フローを拡大させるとの見方からビットコイン現物は6カ月ぶりの高値を付け、過去最高値付近まで値を上げた。

ロシアのプーチン大統領は14日、仮想通貨(暗号資産)は不安定すぎるとし、原油取引の決済にはそぐわないとの見解を明らかにした。CNBCとのインタビューが14日、大統領府のウェブサイトに掲載された。

スポンサーリンク