それでは それぞれの仮想通貨取引所を詳しく見ていきましょう

それでは それぞれの仮想通貨取引所を詳しく見ていきましょう

実際の法定通貨としては、1位の取引量となっています。
日本円は、0.87%となっていますので、韓国のほうが約20倍ほどの取引量となっています。
韓国の仮想通貨規制の主な歴史は2017年9月:ICO禁止(金融規制当局)
2018年1月:匿名での仮想通貨取引禁止
2018年3月:公務員の仮想通貨取引禁止
2018年4月:韓国ブロックチェーン協会が自主規制を発表
となっています。

リップル(XRP)が暴落したのは、ビットコインが暴落したからという理由があります。
なぜ、ビットコインが暴落するとリップル(XRP)そして仮想通貨全体が暴落するかと言うと、ビットコイン以外のリップル(XRP)などのアルトコインは、ビットコイン建てで取引されているからです。
これは、リップル(XRP)が1XRP=52円などと日本円で表示されていますが、実際に購入するときは、1XRP=0.00007768BTC=約52円という形になっていて、リップル(XRP)を買うときは、日本円で一度ビットコインを買って、そのビットコインでリップル(XRP)を買うという形になっているのです。
なので、ビットコインが下落するとリップル(XRP)が直接下落しなくても日本円で下落するということです。

最近では、AIを使った仮想通貨市場予測などサービス化も実際に行われています。

現在、仮想通貨市場で大きな関心を寄せられているリップル(XRP)が証券として認定されるかどうかという問題があります。
証券に該当するとみなされると証券取引法により規制の対象になります。現在、全米でSECに承認されている取引所はありません。
証券として認定された場合に他の仮想通貨(ビットコインやイーサリアム)などに逃避する可能性が高いので、一時的にリップル(XRP)だけ大暴落する可能性があります。

仮想通貨はまだ値動きが高くハイリスクなイメージを持たれている人もいるでしょう。しかし、ビットコインは0.001BTCから購入が可能です。まだ購入したことがないという方は、まずは少数から購入してみてはいかがでしょうか。

インドでは現在、偽札が出回るなど法廷通貨の信用が低くなっています。そのため、新たな通貨として仮想通貨を使う文化が普及するのは早いと予想できるでしょう。

ふたつめはビットコイン(BTC)の半減期です。
半減期とは、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)のマイニング報酬が半減するタイミングのことです。
ビットコイン(BTC)はマイニングによって取引の承認が行われます。マイニングはマイナーによって行われますが、マイニングに成功したマイナーは、報酬として新規発行されるビットコイン(BTC)を受け取ることができます。この新規発行されるビットコイン(BTC)の数量が半減するイベントを「半減期」と呼びます。
ビットコイン(BTC)はすでに過去3回の半減期を迎えました。
過去の半減期はビットコイン(BTC)の価格に大きな影響を与えたため、次回の半減期においても、同様にビットコイン(BTC)の価格に影響を与えることが予想されています。
なお、ビットコイン(BTC)は約4年に1回の頻度で半減期を迎えるため、、次回の半減期は2024年頃と予想されています。

リップル(XRP)が証券ではない理由として、Ethereum World Newsでは、3つの理由を示しています。・リップル(XRP)が、リップル社が発行したわけではない
・リップル(XRP)などの仮想通貨を証券として規制する法律がない
・リップル(XRP)は2015年にFinCEN(米金融犯罪取締ネットワーク)に通貨として認められている
特に2015年にFinCEN(米金融犯罪取締ネットワーク)に民事裁判を起こされていて、罰金45万ドルで和解にいたり、リップル(XRP)の取引継続が認められています。
これによって、リップル(XRP)が証券だとしたら、FinCENが2015年に未登録証券の継続販売を認めたことになるとして、リップル(XRP)は証券ではないと主張しています。

世界的にも有名な大手仮想通貨交換取引所のコインベースにリップル(XRP)が取り扱われると噂されていて、直前の上昇に寄与していましたが、1月4日にコインベースのブログで「短期的にはいかなる仮想通貨を取り扱う予定はない」とリップル(XRP)の取扱が否定されました。
その直後からリップル(XRP)の暴落が始まりました。
この発表がされてすぐに下落したことで、時価総額が約17兆円から約14兆円へと17.7%ほど減少しました。

また、インドには優秀な技術者が多く存在するため、インドが暗号資産・仮想通貨でのブルーオーシャンという意見もあります。

「仮想通貨のブームは過ぎてるし、今後は価格が下がるのみでしょ」と諦めてしまうと、今後のチャンスを逃してしまう場合もあるでしょう。

まず、仮想通貨界隈で影響力がありそうなインフルエンサーを数名ピックアップします。そして、その人達のビットコイン、仮想通貨関係のツイートをテキストファイルとして保存します。この時、学習に悪影響を与えそうなノイズのツイートを除く処理も行います。

それでは、それぞれの仮想通貨取引所を詳しく見ていきましょう。

2018年1月のリップル(XRP)大暴落は、主に3つの原因から暴落しています。・コインベースのよるリップル取扱の否定
・ビットコイン暴落のよる仮想通貨全体の暴落
・日本人新規参入者の狼狽売り
それぞれ見ていきましょう。

なぜリップル(XRP)に狼狽売りが多かったのかと言うと2017年12月に高騰した時に「新規参入者=仮想通貨に詳しくない一般的な人」が多くリップル(XRP)を購入したからです。
リップル(XRP)は2017年に最も上昇した仮想通貨の一つでビットコインが1年で13倍だったのに対して、リップル(XRP)は約360倍になっています。2017年12月初旬までは20円台だったものが、2018年1月4日に400円を超えています。
いかに2017年12月に新規参入者が多かったかを物語っています。
リップル(XRP)のように有名で上昇率が高いアルトコインは、仮想通貨に詳しくない一般の人が投機的に買うことが多く、価格が上がりやすい半面、暴落した時に狼狽売りで下落に拍車をかけることがあり、ビットコインより暴落率が高くなる場合が多くなっています。

スポンサーリンク