モナコインは日本発祥の仮想通貨です

仮想通貨の1つ目の選び方は開発目的で選ぶ方法です

なおビットコインは2021年9月4日現在、1BTC=530万円の価値で、時価総額が最も高い仮想通貨となっています。アルトコインは時価総額2位のイーサリアムが、2021年9月4日現在、1ETH=35万円台です。

暗号資産(仮想通貨)の流通量のランキング1~10位を一番左に流通量の順位、一番右に時価総額の順位を掲載している(2021年2月24日時点)。この2つの順位に関係性がないことが分かる。

モナコインは日本発祥の仮想通貨です。巨大匿名掲示板2ちゃんねる(現在は5チャンネル)でアイディアが作られ開発されたコインです。

暗号資産(仮想通貨)は既に数千種類発行されていると言われることもある。暗号資産取引所では取り扱いがない暗号資産も多数存在しているため、その正確な数を把握するのは非常に困難だ。しかしそんな中でも新たな暗号資産(仮想通貨)は誕生し続けている。

国内最多の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

リップルが他の仮想通貨と違う点はブロックチェーンの分散処理ではない点です。リップルはリップル社が管理しています。つまり非中央集権的なコインではなく、従来の中央集権的なコインに近いと言えます。

ステラルーメンは新興国での送金取引を目的に作られたコインです。ステラルーメンは非営利団体のステラ財団が開発運営をしています。仮想通貨の特徴である分散型のコインではなく、中央集権的なコインです。

1位 BitTorrentのや2位のPundi X、3位のHoloなどは、暗号資産(仮想通貨)投資を行っている一般の人にとってもあまり馴染みがない暗号資産。どんな暗号資産なのか解説していく。

今では企業が発行する価値の高い仮想通貨から、ジョークコイン・詐欺コインなど様々な種類の仮想通貨が誕生しています。

世界全体でどの仮想通貨の時価総額が大きいのか、どの仮想通貨やトークンが新たに注目を浴びているのかなど、仮想通貨全体の市場動向を把握するうえでも有効です。また、将来性のある仮想通貨を探す際の通貨リストとしても活用できます。仮想通貨の取引量を取引所別のランキングとして見ることなども可能です。

仮想通貨の1つ目の選び方は開発目的で選ぶ方法です。仮想通貨はコインによって開発目的が違います。

仮想通貨の2つ目の選び方は、大手取引所に上場しているかどうかです。

今までの仮想通貨は分散型と呼ばれていたものの、実際には中央で取引所が管理しているので真の分散型とは言えませんでした。

ポルカドットは上場したばかりの比較的新しい仮想通貨ですが、2021年から高騰しており、今後も期待できるコインです。それはポルカドットが掲げている『Web3.0』に共感を持つ人が多いからです。

例えば海外取引所に仮想通貨を送金する時、ビットコインや他の仮想通貨であれば、手数料が高く送金に1日以上かかることも珍しくありません。

スポンサーリンク