現在 ETF化が認められている仮想通貨の種類は以下のとおりです

仮想通貨は 世界中で利用されている

また、今月開催された議会の公聴会では、「賛同が得られれば議会と協力して、仮想通貨投資家を保護するための統一的な制度を導入したい」と規制強化の意欲を示している。

もうしばらくは、ドル建ての動向を注視することになりそうですが、日本においては米仮想通貨大手コインベースの日本進出や日本の金融大手が仮想通貨の現物取引サービスを6月4日から開始するなどポジティブなニュースも出ています。

仮想通貨取引所に口座開設の申し込みを行うと、提出内容に不備がない場合は3日〜1週間で本人確認をするためのはがきなどの書類が発送されます。 それを受け取った後に、取引所の方で受け取りが確認されるか、書類に記載されているシリアルコードを入力すれば、口座が有効となり取引が行えるようになります。

今回のテスラの決定は、少なくとも短期的にはビットコイン、あるいは仮想通貨(暗号資産)全体の価格押し上げに貢献する可能性がある。世界屈指の企業が、ビットコインの価値にお墨付けを与えたことになるからだ。テスラ自らがビットコインの保有をさらに拡大させるとの観測に加えて、他の企業の間でもテスラに追随してビットコインを保有する動きが広がる可能性がある、あるいはそうした観測が高まる可能性があるだろう。また、テスラのEVの購入時の支払いにビットコインが広く使われていくとの期待も、価格上昇を助けるかもしれない。

当時、著名人によるSNS発言が仮想通貨・株式市場に多大な影響を及ぼしている現象にも触れて、米国憲法で約束された「表現の自由」を損なわない範囲と前置きを述べた上で、SNSなどの新しい技術を用いて有識者などが人々に誤解を抱かせたり、市場操作したりできないように現行のルールを更新する必要があると明言した。

ここからは仮想通貨がETFに承認された際に、どのようなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

2017年であれば、ビットコインATMやクレジットカードで購入する方法がありました。しかし、様々な理由でそれらの購入は難しくなり、今では仮想通貨の交換業者での購入一択となっている状況です。

ここで仮想通貨を始める方によく聞かれる「ビットコイン(BTC)はいくらから買えるのか」という問いに答えておきましょう。

現在、ETF化が認められている仮想通貨の種類は以下のとおりです。

詐欺行為の拠点は、厳しい規制を設けていない国々へと移っていくだろう。そのため、国際的な協力体制の重要性が増している。仮想通貨は、世界中で利用されている。仮想通貨の取引が盛んに行われている国々を中心とし、世界各国が一丸となって、消費者を保護しなければならない。

2017年は仮想通貨元年といわれ、同年4月から本格的な仮想通貨ブームが始まりました。

ここからはETF化が認められている仮想通貨の特徴や種類について解説していきます。

実際にビットコインでは過去に「コインチェック」という会社がハッキングを受けてしまったこともありました。このような問題をクリアするためには、セキュリティ面や経営体制がしっかりしている必要があります。今後、仮想通貨ETFの動きはさらに加速していくことが予想されますが、この点をクリアしている企業や取引所からETFを認められる可能性が高いといって良いでしょう。

それにより仮想通貨の信頼性が高まることや機関投資家などの大型資本が参入するため、ビットコイン市場は活発化していく可能性が非常に高いでしょう。この流れに乗り遅れないように、これからのビットコインETFに関する情報に注目していきましょう。

仮想通貨については先日、ゲンスラー委員長は現在連邦政府レベルでは、仮想通貨取引所を監督する統一的な体制が整っていないと指摘。「投機性を理解した上で投資したい人々がいる限りは、さらなる投資家保護が必要だ」などと発言した。

スポンサーリンク