仮想通貨のFX取引がスマホでササッとできます

ビットコイン(BTC)は 世界で始めて誕生した仮想通貨です

なお、マイニング等により取得した暗号資産(仮想通貨)を売却又は使用した場合の所得計算における取得価額は、暗号資産(仮想通貨)をマイニング等により取得した時点での時価となります。

マイニングはさまざまな暗号資産(仮想通貨)の取引で行われていますが、ここでは代表的な暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン(BTC)」を例に解説します。
まず、ビットコイン(BTC)のマイニングを簡単に説明してみましょう。
ビットコイン(BTC)のマイニングとは「取引データを承認する作業」のことで、作業に対する報酬は新しいビットコイン(BTC)で支払われます。大量の石の中から僅かな金などを採掘するのに似ていることから「マイニング」と呼ばれています。

結果的に成功した投資活動を振り返り、彼はハイリスクの投資について「2割が経験値で8割が運」だと語った。また選ぶ基準に関しては「結局投資の判断材料はない。やってみないとわからない。しかしある程度経験を積んだら、信頼できる、できないのにおいがある。理屈ではなく、感覚」だという。一方で、誰もが気になる仮想通貨の将来。果たして今後に向けて買いなのか?聞いてみると…「仮想通貨は石油と同じでこれから総量は減っていく。10数年後にはどれかがはじけるとおもっている」と彼。「減る」とは「バーン」のこと。ブロックチェーンの技術に間違いはなく、それを活用した仮想通貨がふたたびはじける可能性は十分あり得るらしい。しかし、どれがはじけるかわからない。どうしたらいいの?「選ぶ基準としては日本の大手取引所が扱う仮想通貨トップ10。僕はここにまんべんなく散らしています」つまり、BTCはもちろんだが、仮想通貨をすこし調べたことのある人なら聞いたことがあるであろうイーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、リップル、リスクなど、大手取引所が扱う、いわゆるメジャー級の仮想通貨に散らすしかないという。そしてこれらの「長期保有」が大前提だ。

人それぞれ投資方法は異なるため、自分に適した投資スタイルが最大限発揮できる仮想通貨取引所を選ぶポイントです。

いわゆる「マイニング」(採掘)などにより暗号資産(仮想通貨)を取得した場合、その所得は事業所得又は雑所得の対象となります。

今回の記事では、仮想通貨のアービトラージについて解説しました。アービトラージは、リスクを抑えて手堅く利益を得られる取引方法です。

仮想通貨投資をするのであれば、まずは少額から試すようにしましょう。仮想通貨に限りませんが、慣れていない投資にチャレンジする場合、慣れるまでには損失を出すこともあり得ます。

仮想通貨のFX取引がスマホでササッとできます。外出中、合間の時間、寝ながら、などなどかなり便利です。ちなみに、チャート機能もあります。

取引を24時間365日行えるのも、大きなメリットと言えます。FXや株式の取引の場合は取引可能時間が限られているのに対し、仮想通貨は時間を選ばずにトレードできます。

ビットコイン(BTC)は、世界で始めて誕生した仮想通貨です。

【参考記事】インタビュー後半:仮想通貨「億り人」が語る、市場予想、リスク、失敗する人の特徴アメリカの一流企業がビットコインを「大量購入」 その狙いは?

なぜ彼はそうまでして投資に燃えるのか。サラリーマンとしての生涯年収は優に超えている。理由は彼のルーツにあった。彼の祖父はある国で、だれもが知るグループ会社の創業者。日本でいう西武グループのような超有名グループ企業だという。その祖父が、自らの資産で医療を無償提供しているのをみて「自分のための金儲けはただの成金」と思うに至ったのだそうだ。そのため、マレーシアのある小さな島を訪れた時に、ぼろぼろの家に住み、栄養失調状態のこどもをみて、負の連鎖を断つには教育を施さなければならないと強く思い、東南アジアの貧困地域に病院や学校を建てることが目標になった。そしてその資金を捻出するために投資をしている。 だから、いま4億を超える資産があっても、持ち家はないし、車も持っていない。高級ブランドにも興味はない。何度か食事を共にしたが、高級店などのこだわりはまったくないし、基本、割り勘だ(笑)ちなみに1500BTCを保持したまま、2017年暮れの“仮想通貨バブル”を迎えていたら…300億円の資産になっていた点を後悔していないのかとたずねたら笑顔でこう答えた。 「大きなリターンを得るにはリスクをとらなくてはならない。だから後悔はない」

仮想通貨は株のようにストップ安が無く、平日祝日問わず24時間取引されるため、いつ大暴落するか分からない非常にハイリスクハイリターンな金融商品です。

ビットコイン(BTC)のマイニングには、個人が所有しているパソコンやスマホでも参加することはできますが、報酬を受け取るのはかなり大変です。
ビットコイン(BTC)が発行され始めたころはマイナーの数もそれほど多くなく、また、マイニングの存在も広く知られていなかったため、家庭で所有しているコンピュータを使ってマイニングに参加しても、他のマイナーとの競争にある程度勝つことはできました。
しかし、ビットコイン(BTC)の価格が大きく上昇したことで、今では世界中のマイナーがビットコイン(BTC)のマイニングに参加し、さらに、最新のコンピュータを大量に稼働させているため、個人が自宅のパソコンで戦いを挑んでもほとんど勝ち目はありません。その様子は「アリがゾウに戦いを挑むようなもの」などと例えられるほどです。
これからマイニングを始めるのなら、ビットコイン(BTC)以外の暗号資産(仮想通貨)のマイニングに参加するほうが、報酬を受け取るチャンスが高いと思われます。

一言で言うと、とても満足です。アプリで手軽に取引ができるので、仮想通貨取引に明るくない人でも、ハードルが低いところが良いです。

スポンサーリンク