そんな魅力のある仮想通貨の積立投資を知っておきましょう!

そんな魅力のある仮想通貨の積立投資を知っておきましょう!

仮想通貨全体の相場が下がった際は、軽減できるとはいえ損失が出る場合もあります。

レンディングのデメリットとしては取引所が経営破綻するリスクがあることと、貸し出した仮想通貨はたとえ購入時より値上がりして売却したい場合でも取引することはできないことです。

そんな魅力のある仮想通貨の積立投資を知っておきましょう!

仮想通貨(暗号資産)で儲けるためには、適切なタイミングで仮想通貨(暗号資産)を売却する必要があります。

仮想通貨トレードでの利益には「税金」が課せられます。

2017年に仮想通貨(暗号資産)元年として注目され、急騰も暴落も経験しながら成長してきた仮想通貨市場。ビットコインは2021年4月14日には年初から約+120%の705万円まで上昇しました。

ビットコイン(BTC)は、世界で始めて誕生した仮想通貨です。

仮想通貨には株式投資の貸株のようにレンディングと呼ばれる、貸仮想通貨のサービスがあります。

次は「仮想通貨トレードを行う際のおすすめ取引所」についてご紹介していきます。

レンディングを行った取引所が経営破綻した場合は貸した仮想通貨は戻ってきません。

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。創業者の加納裕三氏は、一般社団法人 日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めており、グループ子会社のbitFlyer Blockchainでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。

仮想通貨投資はレバレッジを働かせることで、大きな金額を投資することができ、大きく稼げる可能性があります。

新規公開された仮想通貨が日本の取引所に上場すればいつでも日本円と交換できるようになります。

なので、レバレッジ10倍で購入した仮想通貨が2倍に値上がりした場合は、自己資金10万円を200万円に増やすことができるということです。

支払われる報酬はそれほど多くないですが、競争に勝てればマイニングだけで多くの仮想通貨が得られます。

スポンサーリンク