その仮想通貨を売却したときに受け取った金額です

その仮想通貨を売却したときに受け取った金額です

仮想通貨取引による所得を計算したところ、損失が生じました。この損失を給与所得などの他の所得から差し引く(通算する)ことができますか。雑所得の金額の計算上生じた損失については、給与所得など他の所得から差し引く(通算する)ことはできません。所得税法上、他の所得と通算できる損失は、不動産所得・事業所得・山林所得・譲渡所得の金額の計算上生じた損失に限られます。雑所得については、これらの所得に該当しませんの…

もし一人の採掘者が、採掘者全員が持つ計算機資源の総量の過半数の計算機資源を持ってしまったと仮定します。そうすると、ブロックチェインによる取引記録の非可逆性の確定性が成立しなくなります。このような問題のことは「51%攻撃」と呼ばれています。支配者になった「採掘者」も、承認処理を偽ることはできませんから、取引の偽造などはできません。しかし、過去の取引を無かったことにすることは自由にできるようになるので、過去の取引で使用済みのお金を何度も使う二重使用などが可能になります。このように、ブロックチェインにとっての脅威は、発行された仮想通貨の総量の51%を超える保有者が出現することですが、現時点における「採掘者」の数と仮想通貨の保有者の数や分布を考えると、全体の51%を超える仮想通貨の保有者が出現する可能性は低いと考えられます。なお、一部の採掘業者の寡占率が高まっていることが問題となっていますが、この採掘業者は一人で51%近い占有率を有するのではなく、多数の採掘者の計算能力を束ねた採掘集団(マイニング・プール)として活動しています。多数の採掘者の意思は統一されていませんので、直ちに51%問題の危機が迫っているわけではありません。

仮想通貨をマイニングにより取得した場合、その所得は所得税又は法人税の課税対象となりますか。仮想通貨をマイニングにより取得した場合、その所得は所得税又は法人税の課税対象となります。所得税については、いわゆる「マイニング」(採掘)等により仮想通貨を取得した場合、その所得は、事業所得又は雑所得として課税対象となります。この場合、マイニング等により取得した仮想通貨の取得価額に相当する金額(時価)については…

私たちの洗練されたツールを使用すれば、無数の仮想通貨を世界中の法定通貨へと換算することができます。お客様の希望する正確な換算額を入力することもできますよ。

昨年の申告では、売却した仮想通貨の取得価額を移動平均法で計算していましたが、計算が困難なため、本年の申告から総平均法に変更することはできますか。今後の申告において「総平均法」を継続することを前提に、売却した仮想通貨の取得価額の計算方法を変更することができます。売却した仮想通貨の取得価額は、「移動平均法」で計算するのが相当ですが、継続して適用することを要件に「総平均法」で計算しても差し支えないことと…

仮想通貨の価値の裏付けとなるのは、利用者全員が仮想通貨には価値があると信じているという事実です。あるコミュニティを構成する全員が価値があるものと信じているから、価値があるものとして流通するという、いわば循環論法に支えられています。電子マネーが日本円を100%の引き当てとするのに対して、仮想通貨には法定通貨の裏付けが一切ないことを意味します。Mt.Goxが破たんした理由は、現時点では公表されておらず不明ですが、ご質問の通り、単なる両替所が破たんしても仮想通貨の信用に影響を及ぼすことはありません。Mt.Goxは、両替所の業務のほかに、顧客から仮想通貨を預かるサービスを行っていたため、多額の仮想通貨が失われて大きな問題となりました。なお、脱税の温床となるリスクについては、質問36の回答をご参照ください。

ハッシュレートが大きくなるということは、それだけ多くのマイナーが計算能力の高いマシンを使ってマイニングに取り組んでいるということです。多くのマイナーが承認システムに参加しているため、その暗号資産(仮想通貨)に対する信頼性も高まります。ますますシステムに対する攻撃も難しくなり、セキュリティ面の安全性が向上します。

適切なハッシュ値は、何らかの方程式で簡単に求められるわけではありません。ナンスを何度も変更し、そのたびにハッシュ値を計算するという試行錯誤を繰り返して、適切なハッシュ値とそのためのナンスを発見するのです。いち早く適切なハッシュ値・ナンスの算出に成功したマイナーには、報酬として新たな暗号資産(仮想通貨)が付与されます。

当社は、国内の仮想通貨交換業者を通じて、保有する仮想通貨を譲渡しました。この場合の消費税の課税関係を教えてください。国内の仮想通貨交換業者を通じた仮想通貨の譲渡には、消費税は課されません。消費税法上、支払手段及びこれに類するものの譲渡は非課税とされています。国内の仮想通貨交換業者を通じた仮想通貨の譲渡は、この支払手段等の譲渡に該当し、消費税は非課税となります。また、消費税の確定申告を一般課税により…

仮想通貨取引により生じた利益は、所得税法上の何所得に区分されますか。仮想通貨取引により生じた利益は、所得税の課税対象になり、原則として雑所得に区分されます。仮想通貨取引により生じた損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、・その仮想通貨取引自体が事業と認められる場合(注1)・その仮想通貨取引が事業所得等の基因となる行為に付随したものである場合(注2)を除き、雑所得に区分されます。…

で計算されます。(わかりやすいように、式では仮想通貨をビットコインと想定。)売却価額はわかりやすいですよね。その仮想通貨を売却したときに受け取った金額です。ただ問題は、売却した仮想通貨の取得価額が分からなくなってしまうことです。毎回毎回購入分を全て売却してから新たな仮想通貨を購入するなら明確ですが、前回購入したものが残っている状態で新たに買い足すとなると、時々で取得価額が異なるのでどうすればいいかわからなくなってしまいます。

私たちは、仮想通貨愛好家の皆さんが資産の価値を簡単に判断できることが非常に重要であると信じています。たった数分の間に市場が急騰したり急落する可能性があることを踏まえると、リアルタイムで最新のレートを配信するようコミュニティが私たちを頼りにしていることを知っています。そのため私たちは、主な取引通貨ペアの現時点のパフォーマンスを即座に表示する換算計算機の構築に長い時間を費やしました。お客様がどの仮想通貨に興味があっても、どの法定通貨を保有していてもぜひCoinMarketCapにお任せください。

仮想通貨の売却による所得を申告する場合、どのような支出が必要経費となりますか。仮想通貨の売却による所得の計算上、必要経費となるものには、例えば次の費用があります。・売却した仮想通貨の取得価額・売却の際に支払った手数料このほか、インターネットやスマートフォン等の回線利用料、パソコン等の購入費用などについても、仮想通貨の売却のために必要な支出であると認められる部分の金額に限り、必要経費に算入することが…

相続や贈与により取得した仮想通貨の評価方法について教えてください。活発な市場が存在する仮想通貨は、相続人等の納税義務者が取引を行っている仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価します。仮想通貨の評価方法については、評価通達に定めがないことから、評価通達5((評価方法の定めのない財産の評価))の定めに基づき、評価通達に定める評価方法に準じて評価することとなります。この場合、活発…

従業員の9月分給与について、200,000円を現金で支払い、一部を当社が保有する仮想通貨(給与支給時の取引価格は50,000円)で支払った。従業員の給与の支給額は、現金200,000円と仮想通貨の価額50,000円を合計した250,000円となりますので、250,000円を給与の支給額(月額)として源泉徴収税額を計算することになります。給与は、金銭で支給されるのが一般的ですが、お尋ねのケースのよう…

スポンサーリンク