旧2ちゃんねる発祥の仮想通貨モナコインを取り扱っています

旧2ちゃんねる発祥の仮想通貨モナコインを取り扱っています

ビットフライヤーではビットコインをはじめ、リップルやイーサリアム、ステラルーメン、テゾスと言った多彩な暗号資産(仮想通貨)に対応。そのすべての暗号資産をスマホアプリから購入可能です。

日本を含む世界各国で、仮想通貨を使用したマネーロンダリングの対策や、本人確認の義務付け、またICO(イニシャル・コイン・オファリング)のあり方、投資家保護に関する議論などはもちろん今も交わされています。最近では米国の大企業がビットコインに投資をしたり、外資系金融機関がビットコイン関連サービスをリリースするといったニュースが流れたりと注目がますます集まっています。

仮想通貨の取引所は、国内だけでも15社以上とたくさんあります。

Liquid(リキッド)のスマホアプリは操作性が快適、シンプルな構造で扱いやすいのが魅力。ビットコインやイーサリアム、リップルなどの暗号資産(仮想通貨)の取引をスマホアプリからご利用いただけます。

また、コインチェックのスマホアプリは、便利なウィジェット機能に対応しているのも魅力です。コインチェックで取り扱っている全暗号資産(仮想通貨)のレートをまとめて確認可能。簡易的なチャートも表示してくれます。

歴史ある仮想通貨セキュリティー専門企業BitGoと提携!秘密鍵を物理的、仮想的に分散させておりハッキングや不正行為に対して強固です。

旧2ちゃんねる発祥の仮想通貨モナコインを取り扱っています。国内で最も流動性が高いため取引しやすいでしょう。

仮想通貨(暗号資産)への投資を始めるにあたり、悩むものの1つは仮想通貨の取引所(交換業者)選びではないでしょうか?

ビットフライヤー(bitFlyer)のスマホアプリは非常にシンプルな構造であり、暗号資産(仮想通貨)の取引が初めてという方にもおすすめのツール。スマホアプリの画面は見やすく、暗号資産の購入操作などは数回のタップで行えるのが便利です。ビットフライヤーは人気度も知名度も高く、スマホアプリのダウンロード数もトップクラス。

ご自身の資産運用の武器として、仮想通貨を取り入れてみてはいかがでしょうか?

ビットコイン以外の仮想通貨が欲しいなら「販売所」を利用し、長期保有で利益を出しましょう。

普段のトレードは取引所、大きな金額を取引する場合は、取引所よりも販売所の方がお得な場合があります。そして、そのどちらでもレバレッジ取引が可能となっています。取り扱い仮想通貨も2021年5月時点で13種類と豊富で、国内で唯一のポルカドット(DOT)とコスモス(ATOM)をも取り扱いがあります。

ご自身にとって良い仮想通貨取引所は見つかりましたか?ご自身に合った選ぶポイントさえしっかり押さえれば、最良の取引所が見つかるはずです。

DMMビットコインは、現物取引で6種類、レバレッジ取引で12種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている。取り扱い通貨の種類はそこまで多くないが、レバレッジをかけて元手の数倍の金額で取引したいと考えるならDMMビットコインが適している。

また「入金」手段ではありませんが、コインチェックではクレジットカードから直接仮想通貨を「購入」することがかつてはできました。

スポンサーリンク