「取引所」は投資家同士による仮想通貨の取引が行われる

「取引所」は投資家同士による仮想通貨の取引が行われる

仮想通貨に初めて投資する方は、取引所のハッキング被害が気になるもの。bitFlyerでは投資家の個人情報を保護するために、すべてのデータ通信を暗号化している。投資家との通信では、金融機関よりも強固な暗号化技術を利用しているほどだ。
さらに、二段階認証を設定した投資家の情報が盗まれて、不正に出金された場合にも補填が用意されている。
セキュリティ対策や補填がしっかりと明記されていることは、仮想通貨取引所を選ぶ際に大きなポイントになるだろう。

GMOコインは、親元が大御所の会社でありますので、取引を安全にできる。安心して操作を得ることができると言う内容でありました。王道のビットコイン以外での様々な、仮想通貨で取引が可能でありましたので、そこの部分も魅力的でした。外部のセキュリティ診断も頼りになる存在でした。

ビットコインを含め、暗号資産(仮想通貨)は価格変動が大きいという特徴があります。そのため、投資を行う場合には、しっかりと取引のタイミングを見極めることが大切です。

TAOTAO (タオタオ) はYahoo!グループが出資していることで有名な暗号資産 (仮想通貨)
取引所です。大企業からの出差を受けている取引所ですので安心して取引ができる暗号資産 (仮想通貨)
取引所です。ヤフーグループのセキュリティ会社のサービスなどを取り入れて、高いセキュリティ性を実現しています。

仮想通貨取引所の中で1番わかりやすくて初心者向けなのは、コインチェックです。確かに過去にはハッキング事件がありましたが、もともとチャートの見やすさだったり、チャット機能で意見交換をしたりと人気があります。また、わたし個人的にはマクロミルと連携していて、マクロミルポイントを仮想通貨に交換できる点なども、少額から始めたい、リスクをあまり好まない人にもおすすめです。

私が初心者で仮想通貨での投資を始めたいと思い、コインチェックを選定したのは、リスクヘッジ対策ができると言う内容でありました。コインチェックは、積立投資により、長期間にわたって少しずつ買い増ししていく投資スタイルでありましたので、リスク対策に非常に良く、初心者にはうってつけの取引所でありました。

具体的にモメンタム指標や売買ボリュームを一目で確認できる点や相場環境に合わせて自分なりにアレンジできる点も気に入っています。円建て、ビットコイン建て18種類の仮想通貨を対象とするFX取引がメインとなりますので基本的には短期投資家さん向けの口座となります。

仮想通貨はインターネット上で使用できるデジタル通貨です。世界共通の価値であるため公平で、さまざまな地域で支払いに使えます。

2021年6月には専用アプリのダウンロードが415万を突破し、国内の仮想通貨取引アプリの登録数第1位を記録しているのです。

SBI
VCトレードの取引手数料、入金手数料は無料である。また、仮想通貨の受取・送付手数料も0円だ。さらに、住信SBIネット銀行を利用した出金手数料は金額にかかわらず50円(税込)と、取引にかかるコストを抑えられる。
スプレッドによる手数料が発生するが、業界最安水準を誇るほど安く設定されている。そのため、仮想通貨に初めて投資する方におすすめの取引所と言えるだろう。

暗号資産の取引は「取引所」「販売所」のいずれかを用いなければならない。「取引所」は投資家同士による仮想通貨の取引が行われる。一方で「販売所」は暗号資産取引所で投資家が暗号資産を取引するサービスだ。どちらにもメリット・デメリットがあり、他の取引所ではどちらかしかない場合もある。だが、GMOコインでは「取引所」「販売所」の両方が用意されているため、投資家にとって有利な条件が整えられていると言えるはずだ。

ビットフライヤーは日本でもっとも有名な仮想通貨取引所です。色々とメリットはありますが、私はセキュリティ面ではとても信頼できると思います。少し前に色々な取引所で、ハッキングなどがありましたが、ビットフライヤーはあまり大きな事件を聞いたことがありません。結局信頼があるから、日本で1番利用者の多い取引所だと思います。

暗号資産(仮想通貨)を取引するまでの流れは?

Coincheckは、東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社の子会社によって運営されている。仮想通貨取引所選びの重要なポイントの一つにセキュリティ面が挙げられるが、金融業界の中でも大手のマネックスグループが運営しているため、安心感があるだろう。

どこの仮想通貨取引所でビットコインキャッシュの売買取引を行うかは、取引所ごとに定められた手数料やシステムの使いやすさ、その仮想通貨取引所のセキュリティの信頼度などを比較して決めるといいだろう。

スポンサーリンク