3つ目は 暗号資産(仮想通貨)交換業者についての情報です

まず1つ目は 暗号資産(仮想通貨)に与えるマクロ経済の影響です

まず1つ目のローソク足チャートは、一定時間や日にち毎に暗号資産(仮想通貨)の値動きを表したものです。このローソクの形をしたグラフを見たことがある人もいるかもしれません。このローソク足は、元々は江戸時代に日本人が考案したと言われており、ローソクに似た形からその名が付けられています。現在では海外でも”キャンドル・チャート(Candle Chart)”と言われ、世界で広く使われている基本的なチャート形式です。始値に比べて終値が高かった場合に表示されるグラフを陽線と言い、始値に比べて終値が安かった場合に表示されるグラフを陰線と言います。陽線の場合はグラフの下が始値、上が終値で、反対に陰線の場合はグラフの下が終値、上が始値となっています。また、グラフの上や下に伸びている線のことをヒゲと言います。このヒゲは、ある期間の中で最も高かった、または最も安かった価格を表しています。最高値はグラフの上に、最安値はグラフの下にヒゲを表示します。値動きの幅が大きいほどこのグラフやヒゲは長くなっていきます。このページの各暗号資産(仮想通貨)チャートの下にある詳細リンクからローソク足を見ることができるので、ぜひ実際にローソク足を使った分析を活用ください。

2つ目は、各国の暗号資産(仮想通貨)に対する規制についての情報です。ある国が暗号資産(仮想通貨)を規制するとの発表をすると、相場が下がる傾向にあります。例えば、中国は2018年8月に海外取引所へのアクセスをブロックし、暗号資産(仮想通貨)の規制を強化することを発表しました。この発表により実際に相場は下降傾向になりました。(注1)反対に、ある国が暗号資産(仮想通貨)の規制を緩和した場合、相場は上昇していく材料になる可能性が高いでしょう。特に、アメリカや中国などの世界の中で影響力の大きい国の発表は、相場に与える影響が大きいので、注意深く情報を追っておくことが大切です。また、政府の要人などの規制や政策に関する発言も相場に影響を与えることがあります。日本であれば金融庁や政府の要人の発言や国会での議論などに、アメリカであればSEC(Securities and Exchange Commission)の要人の発言などに対しても注意を払っておくとよいでしょう。それにより、今後どのように各国の暗号資産(仮想通貨)の規制が変更されそうか、方向性を掴むことが可能になります。

暗号資産(仮想通貨)の値動きには、各国が発表する経済指標から、暗号資産(仮想通貨)業界の動向、世界のニュースなどの最新情報まで、様々なものが反映されています。そのため、暗号資産(仮想通貨)の値動きの原因を理解するためには、チャートを分析しつつ、これらの情報をリアルタイムで手に入れ、分析することが大切です。経済指標とは、各国の公的機関が発表する経済に関する統計のことです。経済指標は、国家が発表するため、情報の正確性が高いことが特徴です。経済指標の発表の前後は相場が変動するので、今後の値動きを予測する一つの材料になります。現在のグローバル化した社会では、日本国内の経済指標だけでなく、海外の経済指標も暗号資産(仮想通貨)の相場に影響を与えるので、世界の経済指標を把握しておくようにしましょう。また、日々最新の暗号資産(仮想通貨)のニュースから情報を仕入れることも大切です。暗号資産(仮想通貨)は世界中で使われているので、その値動きは海外のニュースにも影響を受けます。そのため、日本のニュースだけでなく、世界の国のニュースも調べてみるようにする方がよいでしょう。しかし、メディアを通したニュースの場合は必ずしも正確な情報と言えないこともあるので、全ての情報を信じるのではなく、最終的にはメディアの信頼性や情報の信ぴょう性を自分で考えて判断することも必要です。

続いて「暗号資産の詐欺、悪質商法にご注意を」です。暗号資産がまだ仮想通貨といわれていた2017年から2018年にかけては、ビットコインにまつわる詐欺の話がよく出ていましたが、現在も無くなってはいません。

まず1つ目は、暗号資産(仮想通貨)に与えるマクロ経済の影響です。暗号資産(仮想通貨)の市場が拡大することで、経済のマクロの動きが一段と暗号資産(仮想通貨)の相場に影響するようになってきています。世界経済の中では、株式市場や金利の値動き、各国の通貨の値動き、雇用の増減、景気の動向などは互いに連動しあっています。暗号資産(仮想通貨)の市場も世界経済の一部であるため、他の経済指標の動向を追い、それがどのように暗号資産(仮想通貨)の市場に影響を与えるかを考えることが重要です。世界の投資家は今リスクを取りやすい環境なのか、それともリスクを回避したい状況なのか、また経済指標の動向によってどのようなお金の動きが起こりうるのか、そうしたことを考えてみることが大切です。

国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所。仮想通貨を始めるなら、はじめてにやさしいbitFlyer(ビットフライヤー)!

3つ目は、暗号資産(仮想通貨)交換業者についての情報です。暗号資産(仮想通貨)を購入するには、通常この暗号資産(仮想通貨)交換業者の取引サービスを利用して取引を行います。そのため、当然暗号資産(仮想通貨)交換業者に関する情報は、暗号資産(仮想通貨)の値動きに影響を与えます。例えば、ある暗号資産(仮想通貨)交換業者が特定の通貨を扱い始めた時、その通貨の価格が上昇することがあります。これはその暗号資産(仮想通貨)取引の出来高が増えることを期待した投資家の買いが入るためです。暗号資産(仮想通貨)の値動きを予測するときは、こうした暗号資産(仮想通貨)交換業者についての情報も考慮に入れるようにするとよいでしょう。

4つ目は、暗号資産(仮想通貨)自体についての情報です。例えば、2018年11月にBCH(ビットコインキャッシュ)はハードフォーク(大規模アップデート)において、アップデート内容について対立していた、「Bitcoin ABC」と「Bitcoin SV」が2つの別々のチェーンに分裂しました。この事件の前後でこのBCH(ビットコインキャッシュ)は、開発コミュニティの発言やそれに対する暗号資産(仮想通貨)交換業者の対応など様々な情報が飛び交い、普段よりも大きな値動きになりました。今現在においても、ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)自体も技術の進歩と共に、より効率的に運営されるように日々、開発コミュニティによって仕組みのアップデートや開発・改善などがなされています。それにより相場に影響を与えるため、個々の暗号資産(仮想通貨)自体がどのような仕組みになっていて、それがどのように変わっていくのかを常にキャッチアップしていくことも必要です。

このように2017年に出した多額の利益に対する税金を2018年に支払うことができなかった話は、仮想通貨界隈では有名です。「投資は自己責任」という言葉を深く理解しないまま暗号資産の世界に入った投資家の方々はとても苦労をされたと思いますが、啓蒙活動をおろそかにした業界にも大きな責任があるでしょう。

ディーカレットはスマホで簡単に、暗号通貨(仮想通貨)の交換・送受・保管ができます。もうひとつのバンクが、あなたの手に。

2つ目の移動平均線は、一定期間の暗号資産(仮想通貨)の価格の平均値を線にしたもので、相場の流れを把握するのに適したチャート分析です。数日の移動平均線から、半年、一年の移動平均線と、短期的な流れや長期的な流れを掴むことができます。一般的に使われている移動平均線は、5日、13日、25日、75日、200日です。短期の移動平均線は短期のトレンドを、長期の移動平均線は長期のトレンドを掴むことができるので、目的に応じて使い分けるようにしましょう。移動平均線を先ほどのローソク足と併用することで、より相場の流れが分かりやすくなります。基本的な見方としては、移動平均線の上にグラフがある場合、相場は上昇傾向にあり、買い注文が優勢です。反対に、移動平均線の下にグラフがある場合、相場は下降傾向にあり、売り注文が優勢です。

ここから先では暗号資産(仮想通貨)のチャート(相場)・レート(価格)に関する基本情報やお役立ち情報をお伝えしていきます。そもそもチャートとは何だろう?どんなチャートの分析の方法があるのか?という方は参照下さい。

現在、DMMビットコイン内において取引可能な暗号資産(仮想通貨)の一覧です。1分足で現在表示しております。ビットコインを始めとした各暗号資産(仮想通貨)のチャート(相場)、レート(価格)の詳細をご覧になりたい方は各コインの詳細ページをご覧ください。

スポンサーリンク