仮想通貨は電子データの資産なのでセキュリティ面も気になります

仮想通貨は電子データの資産なのでセキュリティ面も気になります

2021年9月現在ではまだ解決はしていません。この裁判の結果次第では暗号資産を取り扱う組織が限られてしまうケースも考えられており、仮想通貨界隈でも注視しているニュースです。

他の仮想通貨とは違い、リップル社が独自のシステムで管理をしているので、中央集権的なコインに分類されます。SWIFTに代わる国際送金のために誕生しました。

コインチェック(Coincheck)はWebサイトもしくはスマートフォンアプリから、仮想通貨の取引をすることが可能です。購入からチャートの確認まで出先でも出来るのが特徴です。

「仮想通貨のブームは過ぎてるし、今後は価格が下がるのみでしょ」と諦めてしまうと、今後のチャンスを逃してしまう場合もあるでしょう。

仮想通貨取引においてその価値を知る事は大切です。株などでも同様に日々のニュースを見ることで、これからの価値にある程度の予想をつける人が多いでしょう。

2020年12月頃、米国証券取引委員会のSECが「仮想通貨リップルは未登録証券でありその販売は違法である」という理由でリップル社を提訴したということがありました。

リップル(XRP)は、テクノロジー企業「リップル」の金融機関向け国際送金ソリューション RippleNet で利用されている仮想通貨です。発行上限数量は 1,000 億 XRP で、既にすべて発行済みであるため、ビットコインなどのマイニングのような新規生成の仕組みはありません。

仮想通貨は電子データの資産なのでセキュリティ面も気になります。コインチェック(Coincheck)はセキュリティ対策として、コールドウォレットと2段階認証を採用しています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、暗号資産(仮想通貨)の取引に多彩な注文方法を取り揃えています。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、人気の仮想通貨13種類が少額から売買できます。

少額でスタートできるので「仮想通貨に興味がある」という方も、気軽にチャレンジできるでしょう。

リップル(XRP,ripple)は2013年に開始され、もとは国際的な通貨送金を早くするために開発された仮想通貨・アルトコインです。最近の価格状況はどうなのでしょうか。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は仮想通貨の代表格的ポジションのビットコイン(BTC)を始め、その他アルトコインを含めると12種類の通貨を取引することが出来ます。

仮想通貨と言えばよく耳にするイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインも取引でき、2021年7月29日に取引開始したPalette Token(PLT)で17通貨になりました。

さらに、仮想通貨取引やチャートという言葉から情報量の多い画面をイメージすると思いますが、アプリ画面はスッキリしていて初心者の方でも操作に困らないデザインも特徴です。

スポンサーリンク