1.仮想通貨を売買する人が増える

1.仮想通貨を売買する人が増える

この取引完了は2021年内だとされています。アジア内で送金インフラ基盤としての事業拡大が十分期待できるとして、仮想通貨界隈でも話題の内容です。

リップルは、法定通貨や仮想通貨、さらに商品取引や送金業務までサポートする即時グロス決済システムだ。プラットフォームのネイティブ仮想通貨は、Ripples(XRP)だ。 リップルはリップル社によってつくられたが、共有台帳により、リップルなしで機能することができる。ウニクレジットやUBS、サンタンデールなどのきぎょうで使われているリップルは、決済インフラ技術として銀行や決済ネットワークに採用されるようになっている。ネットワーク内での決済のスピードや技術の安定性、通貨を橋渡しできるXRPの能力が評価されているためだ。 リップル立ち上げ時に作られた1000億XRPがプロトコルのルールに従った通貨の上限だ。作成された1000億XRPのうち、200億XRPが創設者たちの下に保持され、残りの80%がRipple Labsに販売された。

コインチェック(Coincheck)では「貸仮想通貨サービス / 仮想通貨レンディング」といったサービスがあり、一日中チャートを見れないという方や初心者に親しまれています。

日頃からT-POINTを貯めている人に特におすすめの取引所と言えるでしょう。100円という少額から取引を始められるので、仮想通貨に興味はあるけれど余裕資金が少ないという人でも安心して利用できます。

ビットコインは法定通貨でいう米ドルと同じ基軸通貨のような動きをする。基軸通貨とは、その通貨の価格に連動してほかの通貨が上昇・下落しやすい特徴があり、取引量が最も多い通貨のこと。ビットコイン価格が下落するとその他の仮想通貨も下落する動きがよく見られる。新しい経済圏の象徴として機能しているが、値動きが激しいため決済通貨としての可能性は揺らぎつつある。後述するイーサリアムに比べて機能が少ないデメリットもある。

アメリカで市場調査を行うAllied Market Researchのレポートによると、仮想通貨の価格は2030年までに1兆円規模に成長する見込みです。

ビットコインよりも実用性が高く、今、最も注目される仮想通貨といっても過言ではないイーサリアム。そのカギは「スマートコントラクト」機能にある。これは、イーサリアム保有者間であらかじめ取り決めた契約の実行を可能にする仕組み。例えばイーサリアムの賃借時に、一定期日ごとに利息を支払うルールを基盤となるブロックチェーン上に組み込むことで、仲介人不要で安全な取引・契約を実現する。それゆえ実需を伴って価格が上昇してきている。マイクロソフトなどの大手企業がビジネスに活用する事例も見逃せない。

仮想通貨の売買についてコインチェック(Coincheck)では「販売所での売買」と「取引所での売買」2種類のがあります。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は仮想通貨の代表格的ポジションのビットコイン(BTC)を始め、その他アルトコインを含めると12種類の通貨を取引することが出来ます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、暗号資産(仮想通貨)の取引に多彩な注文方法を取り揃えています。

仮想通貨は今後も拡大を続けると予測している方も多く、どの銘柄に投資するかといった判断ができれば大きな利益を上げられる可能性はあります。

下がる可能性もありますが、上がる可能性の方が高いと思うので、今買ってしまった方が良いのではと私は思います。 上がると思う理由は2つ。 1.仮想通貨を売買する人が増える。 今日本人の4%が仮想通貨売買を行っていて、 それが仮想通貨全体の40%を占めてるとのこと。 お金のあるアメリカやヨーロッパの大口投資家がこれから参入し、イスラム圏の国も仮想通貨はコーランに反さないとのコメントが出たことから参入してくる可能性があるし、まだ仮想通貨売買する人は確実に増えるでしょう。 流入する資金が増えれば自然と仮想通貨全体が値上がりし、特に有名どころは確実にあがると思います。 ただ草コインは淘汰されていくと考えられるので、注意が必要。 2.リップルの置かれている状況が磐石 仮想通貨は使用されなければゴミです。 例えばNEM等のような通貨の代用を目指しているものは性能が高くても、商店街で使われるレベルであれば値段は伸びないでしょう。 その点リップルは送金時のブリッジ通貨であり、XRPを使用した送金システムであるxRapidを実装できるリップルネットワークが世界で100以上の銀行に採用されており、そして世界的な送金業者がxRapidの試験を実施しています。 リップルの値段は各金融会社の送金量を確保するために上がり、それが売買されず使用するためにホールドされることで保証されるでしょう。 更にはホールドされたリップルは市場には流れないので、流通量が減り希少価値が上がるのに加えて、アップルやアマゾンがXRP支払いを採用する可能性が高いと考えられ、ウォールマーケットもXRPによる送金サービスを始めるとのことで、買い物にも採用する可能性もあり、SBIもXRPによる送金を行うと北尾会長が話していたようで、そうなると海外旅行ではXRPが必須になるなんてことも考えられ、更には夏くらいに開設されるSBIの仮想通貨取引所ではリップルを基軸通貨にするとのことで、リップルでのアルトコイン売買が広がり、リップルFXもはじまり、リップルの値段は上がるでしょう。 リップルはまず政府機関や大きな会社からせめており、かなり規模の大きなところがネットワークでつながっているように感じます。 それがリップルの強みで、1から使い先や使える環境を構築するのであれば、性能の高い通貨が他にあっても自社で自社サービスに合った仮想通貨を作って使用した方がマシだと考える企業が多いでしょう。 よって私は今後伸びるのはリップル一択であり、それも100円や200円なんてレベルではなく、とんでもなく値段が上がると考えています。 また短期的に見ても6月はボーナス月なので、上がると私は考えています。 ただ上がれば下がるが今のところ仮想通貨の定説なので、7月には落ちる可能性がありますが、仮想通貨市場が成熟されていれば落ちない可能性もあります。 私は短期売買するのもする人も好きではないのでおすすめしないですが、6月に向けて上がると考えるのであれば、今とりあえず買って、6月で1度手放し、様子を見るのもありかなと思います。 ただ売買は無くなっても困らない金額範囲で、自己責任でお願いします。

リップルの最高経営責任者であるブラッド・ガーリングハウス氏は、イーサリアムが時価総額第2位の仮想通貨になったのは規制当局による有利な扱いのためだと主張している。

イーサリアムは今後しばらく上昇が続くと予想される仮想通貨の一つです。

予想のように現在の価格から2倍に上昇する可能性は高いと言われていますが、必ず実現するとは限りません。仮想通貨が規制されていない状況において価格が上昇する可能性があるのであって、市場規模が大きくなれば政府などにより規制される可能性もあります。

スポンサーリンク