リップルは仮想通貨の中でも特殊なコインです

それでは それぞれの仮想通貨取引所を詳しく見ていきましょう

リップルは仮想通貨の中でも特殊なコインです。一般的な仮想通貨は非中央集権的なコインで法定通貨のように銀行や国が管理をしていません。ユーザ同士が分散して管理しており、証券とは扱われません。

仮想通貨を売買する時に「BTC/JPY」「ETH/BTC」のような「円建て・ビットコイン建て」の表記を見たことがあると思います。

リップル(XRP)は、テクノロジー企業「リップル」の金融機関向け国際送金ソリューション RippleNet で利用されている仮想通貨です。発行上限数量は 1,000 億 XRP で、既にすべて発行済みであるため、ビットコインなどのマイニングのような新規生成の仕組みはありません。

リップル社は現在、有価証券問題をめぐってSEC(アメリカ証券取引委員会)と裁判中だ。SECは2020年12月23日に、仮想通貨XRPが未登録有価証券の販売にあたるとして同社を訴えている。

毎年9月は、仮想通貨市場の調整期間とも言われており、暴落することが多いです。今の段階では悲観することなく、仕込むタイミングと割り切ると良いでしょう。

ほかにも有価証券問題が気になるところだ。2021年現在リップル社は仮想通貨の売り方をめぐり、SECと裁判中である。有価証券と判定されれば、仮想通貨の取引所に上場できなくなるかもしれない。

XRPはリップル社が発行しており、RTXP(リップル・トランザクション・プロトコル)という送金システムの中で使用される仮想通貨です。

しかしリップル社側は、SECの主張を否定している。2021年5月6日には裁判官が、ビットコインをはじめほかの仮想通貨が有価証券でないこととの違いなどへの証拠を示すよう求めた。これはリップル社に 有利な流れと考えられる。しかし、開発会社が係争中にあることをネガティブにとらえる人もいるだろう。裁判の結果が相場に影響を与える可能性は高く、今後の動向を見守りたいところだ。

他の仮想通貨とは違い、リップル社が独自のシステムで管理をしているので、中央集権的なコインに分類されます。SWIFTに代わる国際送金のために誕生しました。

また、インドには優秀な技術者が多く存在するため、インドが暗号資産・仮想通貨でのブルーオーシャンという意見もあります。

ビットコインやイーサリアムなど、ほかの人気仮想通貨の活躍もポイントになる。人気通貨が急騰すれば、それに乗じてほかの種類が伸びる可能性があるからだ。リップルは送金能力の高さを全世界の金融機関から評価されているので、市場を生き残る力に優れていると考えられる。リップルの動向だけでなく仮想通貨業界全体の動きが、高騰のカギを握っていると言えるだろう。

デメリットは価格変動の激しさである。これはほかの仮想通貨にもいえることだが、リップルも急に価格が上昇することもあれば、大きく価格を下げるときもある。多くの投資家にとって、その予測は難しい。

レバレッジ取引では本当に仮想通貨を購入しているのではなく、​買い値と売り値の差額のみを決済します。

インドでは現在、偽札が出回るなど法廷通貨の信用が低くなっています。そのため、新たな通貨として仮想通貨を使う文化が普及するのは早いと予想できるでしょう。

それでは、それぞれの仮想通貨取引所を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク