一方で中国の仮想通貨全面禁止の報…

仮想通貨をうさんくさいと思うのも無理はないという

アルトコインの選び方としては、仮想通貨時価総額ランキングが20~30位くらいの程よいコインがおすすめだという。「これからの成長性が期待できる『10倍銘柄』が隠れている可能性があります。まず私が一番注目しているのはポルカドット(DOT)とファイルコイン(FIL)です。これは昨年の中国での人気トップ2の銘柄。今後もチャイナマネーの影響でまだまだ上がるでしょう。年末までの数か月以内で注目はインターネットコンピューター(ICP)です。今年5月に上場して時価総額が5兆円近くまで上昇したのですが、現在は価格も落ち着きました。2年以内に価格が戻ると予想します。国内取引所に上場しているアルトコインで言えばエイダコイン(ADA)、ベーシックアテンショントークン(BAT)は時価総額も高く、今後が期待できるコインになります」

昨日のビットコイン相場は上昇。49,000ドル付近から調整安で47,000ドル台まで下落していたビットコインだが、NY時間に株が大幅下落する中でも仮想通貨市場のみ大幅上昇しており、…

人民銀の発表によると、中国工商銀行や中国農業銀行などの銀行とアリペイが、人民銀当局者との会合に呼び出された。人民銀は仮想通貨の投機的取引を支援するサービスの提供について、そうした活動は「金融秩序を乱し違法な越境資産移動やマネーロンダリング(資金洗浄)のような犯罪のリスクを生み出す」と論じた。

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標がある。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表している。NVT(…

中国国家発展改革委員会(NDRC)は8日、参入を制限する分野を定めた「市場参入ネガティブリスト」の2021年版の草案に暗号資産(仮想通貨)の採掘(マイニング)を追加した。

ロシアのプーチン大統領は14日、仮想通貨(暗号資産)は不安定すぎるとし、原油取引の決済にはそぐわないとの見解を明らかにした。CNBCとのインタビューが14日、大統領府のウェブサイトに掲載された。

(ブルームバーグ):暗号資産(仮想通貨)のビットコインは7日、中米エルサルバドルの法定通貨化に問題が生じていると伝えられ、一時17%急落して1カ月ぶりの安値を付け…

[30日 ロイター] – アジア時間10月1日朝の取引で、暗号資産(仮想通貨)のビットコインとイーサが5%超上昇した。
9月30日2208GMT(日本時間10月1日午前7時08分…

このほど金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)が2021年の上半期のレポートを発表。同レポートで、にランサムウエア(身代金)として支払われた可能性のあるビットコイン(BTC)など仮想通貨が約6000億円になることが明ら…

仮想通貨をうさんくさいと思うのも無理はないという。「25年前インターネットが世の中に登場した時は、多くの人々が理解をできませんでした。それが今ではインターネットは多くの人が利便性を理解し生活必需品となっている。仮想通貨の技術も同じです。こういったイノベーションは経験しないとわかりにくいですが、まず興味をもって投資する姿勢が大切です」

米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は11日、暗号資産(仮想通貨)は政府によって規制されるだろうとし、その代表格であるビットコインは個人的には「価値がない」と考えていると語った。

29日の暗号資産(仮想通貨)市場。
ビットコイン価格は、前日比+4.1%の700万円(61,600ドル)と乱高下しつつも反発した。

暗号資産(仮想通貨)ビットコインが15日の取引で半年ぶりに6万ドル台に乗せ、4月に付けた過去最高値に迫った。

昨日のビットコイン相場は調整安の展開に。44,000ドル付近まで反発していたビットコインだが、42,000ドルあたりまで下落する動きとなっている。
一方で中国の仮想通貨全面禁止の報…

[ニューヨーク 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] -暗号資産(仮想通貨)の市場といえども、歩みは一歩ずつ進めなければならない。プロシェアーズは19日、米国初となるビットコインの上場投資信託(ETF)を導入した。しかし、これはビットコイン自体ではなく、ビットコイン先物に投資するものだ。

スポンサーリンク