仮想通貨 ニュース リップル

仮想通貨 ニュース リップル

この9月3日に報告された計10億XRPの解除は、先月30日と今月3日の2回に分けて移動していることが明らかにされていた。先月30日の仮想通貨XRPの動きでは、エスクローウォレットから引き出されたであろう仮想通貨XRP「522,552,373XRP(132,446,488 ドル)」が、不明なアドレスへと送金されている。

日本の金融機関の大半がリップルのブロックチェーン技術を導入することに発表しています。リップルは金融機関から絶大な支持を集め、最も注目される仮想通貨の1つです。

「NextMoney」は、仮想通貨の最新情報に加え、ICO情報、仮想通貨相場分析等、我々独自の視点から情報を発信する仮想通貨総合メディアです。

フランスの経済財務大臣ブルーノ・ル・メール氏が、仮想通貨間取引は課税されないだろうと言及したことがわかった。法定通貨に変えた時が正しい課税タイミングであるとした。

一部の仮想通貨XRP保有者が「XRPの投げ売りをやめろ」とリップル社に抗議する中、逆に「リップル社は”XRPの投げ売り”を増やさなければならない」という声が出始めた。

リップルは、政府との渉外を行う政府関係担当のマネージャーとしてロン・ハモンド氏を起用した。ハモンド氏は、前職で仮想通貨推進派であるウォーレン・デビッドソン下院議員の補佐官を務めていた。

東南アジアを中心に国際送金サービスを手がけるインスタレム(InstaRem)社がSBIで送金業を手がけるSBIレミットとSBIコスマネーと提携したと発表した。両社ともリップルと深いつながりがあることから、クロスボーダー(国をまたいだ)送金市場におけるリップル社の分散型技術や仮想通貨XRPの普及につながるか注目される。

CRYPTO TIMESはブロックチェーン/仮想通貨,暗号資産に関する総合メディアです。
業界における最新情報や著名人のコラムやインタビューなど、はじめての方にも分かりやすい情報を発信していきます。

このTwitterに応えて、リップルの最高技術責任者(CTO)のデビッド・シュワルツ(David Schwartz)氏は、時価総額第3位の仮想通貨とリップル社との関係を終わらせたいと思う人すべてに向けて、「残念ながらあなた方の期待を大きく裏切ってしまいそうだ」とコメントしています。

イーサリアムは、仮想通貨の王者ビットコインと似た価格変動をしています。ビットコインが急騰しても暴落しても、イーサリアムはビットコインの価格の後を追っています。

JVCEAが、仮想通貨交換業者18社の会員統計情報(国内市場データ)を公開。18年の下落相場を経て証拠金取引額が大幅増加、7月にはXRP(リップル)など一部アルトコインを買い増す動きが観測された。

今のところ仮想通貨は、投資ではなく投機(ギャンブルと同義)として儲けの対象となっています。永遠と同じ状況は続かず、価値のある仮想通貨だけが生き残っていきます。

Coincheck(コインチェック)は国内知名度No.1仮想通貨取引所です。「販売所方式」でXRPを購入できるため初心者でも簡単にXRPを購入することができます。

国内の取引所は、コインチェック(coincheck)の仮想通貨流出事件が起きてから、金融庁から厳しい行政処分を受けています。

全ての仮想通貨に言えることですが、仮想通貨関連のニュースがあるごとに価格が変動します。

スポンサーリンク