Tポイントでビットコイン購入 仮想通貨取引所bitFlyerがサービス開始へ=日経新聞

Tポイントで仮想通貨が購入
国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、Tポイントで仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入できるサービスを8月20日から開始する。気軽に仮想通貨が購入できる環境を作り、若者を中心とした新規ユーザーの取り込みを狙う。

共通ポイントで仮想通貨を購入

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、Tポイントで仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入できるサービスを、本日8月20日(時間の明記なし)から開始することが分かった。日経新聞が報じた。

bitFlyerのユーザーは、ビットコインを購入する際、支払い手段としてTポイントが選択できるようになる。

Tポイントでビットコイン購入する場合、100ポイントで85円相当のビットコインが購入できるという。多様な提携先でサービスが受けられる共通ポイントで仮想通貨を購入できる事例は国内初となる。

また支払い手段としてTポイントが利用できるだけでなく、bitFlyerが提供するアプリでビットコイン決済をした際に、Tポイントが貯まるサービスも実施する。家電量販店大手のビックカメラやヤマダ電機、旅行会社のH.I.S.などが対象だ。

Tポイントは約7000万人に利用されており、今回のサービスで若者を中心としたユーザーを取り込み、業務拡大や仮想通貨の普及を狙っているとみられる。ポイントは現金よりも比較的気軽に利用できるため、今回のサービスがどのくらいインパクトがあるか注目したい。また、他の銘柄へのサービス拡大へも期待が広がる。

Tポイントについては、SBI証券が既にサービスを展開している。投資信託の買い付けにTポイントが利用できたり、国内株式等の様々な商品の取引に応じてTポイントを貯めることが可能だ。

またTポイントではないが、マネックス証券も自社のサービスで貯めたマネックスポイントを、仮想通貨取引所コインチェックのアカウントを通じて仮想通貨に交換することができるサービスを行っている。通貨単位を細分化できるという仮想通貨の利点を生かしたサービスだ。

参考資料 : 日経新聞

CoinPostの関連記事

Liskが8月23日にソフトフォークを実施 仮想通貨LSKを取り扱うbitFlyerも対応を告知
8月23日前後にソフトフォークを予定するLisk。日本の取引所などでも当日の対応方針を発表している。
住友商事がbitFlyer Blockchainと業務提携、不動産賃貸契約プラットフォームの共同開発
住友商事株式会社と株式会社bitFlyer Blockchainは、スマートコントラクト機能を備えたブロックチェーン「miyabi」を活用し、住宅の賃貸契約を電子化した上で、物件の内見予約から契約までを行えるプラットフォームの共同開発に向けて業務提携した。

スポンサーリンク