仮想通貨イーサリアム「生誕4周年」、Devcon 5やETH 2.0など大型イベントを控える

イーサリアム4周年、今後のETHは
時価総額2位のイーサリアム(ETH)が日本時間31日で生誕4周年を迎えた。今年10月に控える「Devcon 5」や2020年に予定されるETH 2.0に向けて、新たな一章を切り拓けるか期待される。

イーサリアム4周年、今後のETHは

イーサリアム財団は本日31日、仮想通貨イーサリアム(ETH)の誕生とブロックチェーンのローンチが4周年を迎えたことを伝えた。

同財団はこれまでイーサリアムのプロトコル開発やエコシステムの拡大に貢献してきているデベロッパーやユーザーなどに対して、謝意を表している。

イーサリアムは、日本時間2015年7月31日にローンチされ、これまで複数の大型アップグレードが実装された。

今年3月、「Constantinople/St. Petersburg」が実装され、マイニングの報酬が「3ETH→2ETH」に減少するなど様々な変更が行われた。

そして次期大型アップグレード「イスタンブール」は10月16日に予定されている。「イスタンブール」はいわゆる「セレニティ」=イーサリアム2.0のPoS実装に向けた最終アップグレードに位置するという。

6月に行われたデベロッパー電話会議では、「イスタンブール」のロードマップはこのように決定されている

  • 2019年8月14日(水)テストネット・アップグレード予定日
  • 2019月10月16日(水)メインネット・アップグレード(イスタンブール)予定日
  • そして、PoSを実装するイーサリアム2.0の第一段階(フェーズ0)に該当する「ビーコンチェーン」は先日のデベロッパー電話会議によって、「2020年1月3日」との仮日程が決まった。

    「ビーコンチェーン」を実装するフェーズ0では、投資家やユーザーからも最も注目されているETHのコンセンサスの変更=「PoWからPoSへの移行」にも関わる開発プログレスで、イーサリアム2.0における重要な一環になる。

    10月に大阪にて『Devcon 5』

    世界最大のイーサリアム開発者カンファレンス「Devcon 5」は今年大阪にて、開催する予定だ。開催日は2019年10月8日から10月11日の四日間となる。

    今回のメインテーマは、『ETH1.x』&『ETH2.0』との2つの大型アップグレードだ。『ETH1.x』は主に現在のイーサリアムのネットワークのスケーリングなどの改良に関する提案で、昨年「Devcon4」にて計画されていたという。

    本日で4周年の節目を迎えたイーサリアム、今後「Devcon 5」や、複数の大型アップグレードに向けて、どのように開発・改良のペースを引き上げていくか非常に注目されている。

    CoinPostの注目記事

    ビットコインとの相関性から見る市場の変化 今イーサリアムに注目な理由|機関投資家向け仮想通貨取引所がレポート公開
    機関投資家向けに仮想通貨取引所を運営するSFOXが、仮想通貨市場の直近の変化と注目動向を記載するレポートを公開。市場の相関指数の変化から、今イーサリアムに注目すべき理由を述べた。
    仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル、イーサリアム等【7/30更新】
    テザー関連でBitfinexの裁判が迫るほか、31日には米上院の公聴会およびFOMC利下げも材料視される。仮想通貨市場価格に影響を与え得る最新情報を更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

    スポンサーリンク