仮想通貨取引所Bitfinex、テザー裁判費用はすでに50万ドル超

テザー裁判にかかる費用
仮想通貨取引所Bitfinexとテザーの親企業iFinex社の裁判にかかる費用が、50万ドル(約5400万円) に上ることが判明した。米ニューヨーク州での営業停止が求められていた裁判では結論に至らず、90日の延長が決定している。

テザー裁判にかかる負担

仮想通貨取引所Bitfinexとテザー社の親企業iFinex社について現在行われている裁判について、両社が支払う裁判の費用が、ニューヨーク司法当局(NYAG)に提出する書類にかかる分だけで、50万ドル(約5400万円) に上ることが分かった。

Bitfinexは、テザー(USDT)準備金を不正利用したとNYAGから疑いを持たれ、米ニューヨーク州での営業停止が求められていた。Bitfinexはこれを全面否定するも、NYAGはBitfinexに対し、財務書類の開示を要求。その後さらに、ニューヨーク州の住民に対し、無登録で営業を行っていたと疑いをかけられ、現在裁判になっている。

今月30日に裁判が再開されたが、その際の聴取では結論に至らず、90日の延長が決定した。Joel M. Cohen裁判官は、NYAGによる裁判の完全な取り下げを実行するか、Bitfinexの取り下げの要求を否定するかを判断するには、さらに時間が必要と決断し、NYAG側に捜査期間の約90日延長を認めた。

Bitfinexの負担になっているのは、裁判費用だけではない。裁判に関して、会社間やスタッフ間でコミュニケーションをとるのに10種類以上のプラットフォームを活用している。暗号化を必要とするメッセージがあったり、大量の文書をやりとりする必要があるからだ。また、弁護士も60人以上を要している。

裁判の延長が決定し、今回結論が出なかったことから、Bitfinexとテザー社は取引所業務やUSDTの発行などにおいて通常業務は可能だ。しかし、NYAGの捜査が継続されることによって、さらに証拠提出が求められる可能性も残っていることから、さらなる負担を警戒する必要がある状況にあると言えるだろう。

参考資料:CoinDesk

CoinPostの関連記事

テザー裁判が90日間の延長、Bitfinexの聴取で結論に至らず
Bitfinexらとニューヨーク司法当局の裁判は30日に実施、聴取内容などから結論には至らず、90日の判断延長が決定した。Bitfinexは一定期間通常業務継続が可能に。
明日開催の「Bitfinex(テザー)裁判」に二つの重要点 ビットコイン(BTC)への影響度を考察|仮想通貨市況
ビットコイン市場が乱高下する中で、市場の方向性を左右するファンダとして注目される「Bitfinex裁判」。裁判までの流れ・注目ポイント・仮想通貨マーケットへの影響を解説する。

スポンサーリンク