ICBC Standard Bank 東京支店長「仮想通貨は金融資産のひとつになっているが通貨とは言えない」

ゴールドのマーケットから見た仮想通貨は
仮想通貨は、フェイスブックが発行を予定するリブラの話題がさまざまなメディアで取り上げられるなど、あらためて注目が集まっている。そこで、ゴールドのマーケットに精通した専門家に仮想通貨についての見解を聞いてみた。

ゴールドのマーケットから見た仮想通貨は

仮想通貨は、フェイスブックが発行を予定するリブラをめぐる話題や、このところの各通貨の値動きなどがさまざまなメディアで取り上げられることもあり、従来から関心があり、実際に投資を行う投資家以外からも注目が集まっている。

株や債券などの伝統的な金融資産とは別に、主要なオルタナティブ(代替)資産として位置付けられているのがゴールドだ。

5月末から価格の上昇が続くゴールドだが、そのマーケットに精通した専門家からは、仮想通貨はどう見えているのだろうか。

TradingView

「仮想通貨はすでに資産だが、通貨とは言えない」

日本経済新聞紙上でのコメントやラジオ日経の番組出演などでおなじみのICBC Stanndard Bank 東京支店長・池水雄一氏=写真は、コインポストの取材に対し、「仮想通貨はすでに金融資産のひとつになっていると言って良い。しかし、果たして『通貨』なのかは疑問が残る」と話した。

池水雄一氏 提供

池水氏はゴールドも通貨ではないと言う。

ゴールドも通貨とは言えない。それは、現在、ゴールドでは売買の決済ができないからだ。仮想通貨について、はたして通貨と言えるのか? と話したのは、これだけボラティリティが高いと、決算手段としては使えない。

池水氏は、通貨と呼べる条件について次のように話した。

そういった意味では、通貨と呼べるようになるかどうかは、実際にそれを使って決済が幅広く行われるかどうかにかかっている。

その歴史も大きく異なるゴールドと仮想通貨だが、ビットコイン(BTC)の取引所が開設されてまだ9年と少し。仮想通貨はこれからどのように歩んでいくのだろうか。

CoinPostの関連記事

米連銀総裁「ビットコインはゴールドのように価値貯蔵手段」|米ドル準備通貨制度を弱める可能性も
連邦準備制度理事会の総裁は米国会上院の公聴会にて、ビットコインをゴールドに比較した。仮想通貨が普及すれば国の準備通貨というシステムの必要性を無くす可能性を否定せず。
ゴールドの価格急騰と、1万ドルを突破したビットコイン(BTC)高騰が示すもの
米NY先物市場でゴールドが急騰、2013年以来の高値を記録した。デジタル・ゴールドと呼称されるビットコイン(BTC)もついに最大の心理的節目の1万ドルを突破した。その背景には何があるのか。

スポンサーリンク