中国銀行(BoC)が仮想通貨やビットコインを解説するインフォグラフィックを公開

中国の4大商業銀行、BTCを解説
中国の4大商業銀行の1行である「中国銀行」がビットコインの歴史や投資に関する内容を解説したインフォグラフィックを公開。禁止統制後では非常に珍しい事例となっている。

中国銀行、BTCを解説

中国の4大商業銀行の1行である「中国銀行」は26日ビットコインの歴史や投資リスクなどについて、図解インフォグラフィックを掲載した。

中国政府による仮想通貨禁止統制に伴い、中国では一般的に、銀行などの金融機関がビットコインなどの仮想通貨に、公の場で言及することは0に等しく、今回のインフォグラフィックの公開には大きな注目が集まった。

なお、中国銀行は、中国の中央銀行ではない。中国における中央銀行は「中国人民銀行」であり、中国銀行は中国の4大商業銀行の1行となる。

中国銀行の証券業を営む子会社「中銀国際証券」は、17年のビットコインバブルを契機に中国語圏でも世間の注目が集まった仮想通貨領域をインフォグラフィックという形で公開した(教育図解)。

出典:中国銀行

図解では、「ビットコインとは何か」、「ビットコインの歴史(2008年〜2019年リブラの発表)」、「ビットコインの価格推移(歴史)」などが簡潔に紹介されている。さらにはビットコインの主要ユースケースとして、グローバルにおける決済手段システムが挙げられた。

このインフォグラフィックは投資的ガイダンスではなくあくまで教育上の紹介だが、中国大手銀行がオープンに紹介していることから、中国の仮想通貨情勢に何らかの変化が起きているのではないかと市場では好感する見方も多く出てきている。

CoinPostの注目記事

ビットコイン30分で9%反発|中国の裁判で初めてBTCが合法なバーチャル財産に
ビットコインが18日夜、短時間で大幅に上昇し前日比10%高を記録。中国の裁判所で初めてBTCをバーチャル財産とみなすことや、昨日米公聴会でのビットコインに関するポジティブな言及が材料視されたか。
ビットコイン、リップル、イーサリアム:仮想通貨の重要ファンダ一覧表【7/26更新】
テザー関連でBitfinexの裁判が迫るほか、31日には米上院の公聴会およびFOMC利下げも材料視される。仮想通貨市場価格に影響を与え得る最新情報を更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

スポンサーリンク