世界的投資家ビル・ミラー投資ファンドの上半期成績、ビットコインなどで46%の高リターン

ビル・ミラー投資ファンドの上半期成績、ビットコインなどで46%の高リターン
世界有数の投資家ビル・ミラー氏の投資ファンドの上半期成績が、BTC投資などが奏功して高パフォーマンスを叩き出していた事が判明した。バリュー投資を得意とする同氏の投資判断も注目される。

ビル・ミラー投資ファンドの上半期成績、BTCなどで46%の高リターン

ウォーレン・バフェット、ピーター・リンチと並ぶ投資家として知られるビル・ミラー氏の投資ファンドは、ビットコイン(BTC)投資などが奏功して、2019上半期のリターン率46%を叩き出していた事が判明した。

ビル・ミラー氏は、米大手投資銀行レッグメイソンにて、大型ファンド「バリュー・トラスト」を運用する大物投資家だ。S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数である「S&P500」を15年連続(1991年〜2005年)で上回るパフォーマンスを樹立、これまで誰も成し遂げられなかった記録として喝采を浴びた。

ミラー氏が3年前に立ち上げたヘッジファンドの運用資産額は1億2600万ドル(140億円)で、上位保有銘柄は、アマゾン・ドット・コムやホームセキュリティーシステムのADTだが、資料によれば、仮想通貨ビットコイン(BTC)の投資も奏功している。

同氏は、2017年にConsuelo Mack氏とのWealthTrackポッドキャストにて、自身の運営する「MVP1」ファンド運用資金の内約50%をビットコインに投資していることを明かしたほか、2018年7月にも「ビットコイン(BTC)技術は大変興味深く、将来的に金(ゴールド)と同等とみなすことができる」などと評価している。その一方で、アルトコインには懐疑的な見解を示していた。

今回の報告は、集中投資(concentrated bet)のほか、独自の投資手法で銘柄を選定した上、株価大幅下落時の割安銘柄を保有することでパフォーマンスを出すバリュー投資を得意とするビル・ミラー氏が、少なくとも2019上半期の投資判断を行なった時点では、ビットコイン(BTC)を割安判断して長期保有したことを示している。

伝統金融市場の大物投資家は、ビットコイン(BTC)を含む仮想通貨市場への全面否定を繰り返すウォーレン・バフェット氏をはじめ、保守的かつ懐疑的な姿勢も散見されるが、彼らとは一線を画すミラー氏の先進的な姿勢も垣間見える。

CoinPostの関連記事

ビル・ミラー氏が運営するヘッジファンド、資金の半分をビットコインに投資
ビル・ミラー氏曰く、自身が運営するヘッジファンドであるMVP1ファンドの資産の約50%をビットコインに投資していると述べました。また、ビットコイン以外の仮想通貨は資産を集中することはない、とのことです。
バフェット陣営が再度ビットコインを痛烈批判:「糞の取引」「殺鼠剤の二乗」
バフェット氏は同氏が会長兼最高経営責任者を務める世界最大の投資持株会社、バークシャーハサウェイ社の年次株主総会で、「仮想通貨は悪い結末を迎えることになるだろう」いう自身の主張を繰り返しました。

スポンサーリンク