仮想通貨エコシステムBakktが先物取引のテスト開始、設立1年間の重要情報まとめ

先物取引のテスト開始:ICE傘下・Bakktのこれまで
2018年8月、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社ICE(Intercontinental Exchange)が設立を発表した仮想通貨プラットフォームBakktは7月23日に、先物取引テストを開始した。発表から1年ほどの重要な動きを振り返る。

設立からまもなく1年 Bakktのこれまで

昨年8月にNYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社ICE(Intercontinental Exchange)が設立を発表した仮想通貨プラットフォーム・カストディアン『Bakkt』が7月23日、ついにユーザー受け入れ・ビットコイン現物先渡し先物取引のテスト(UAT)を正式に開始した。

仮想通貨エコシステムの構築を目指すBakktは、マイクロソフトクラウドシステムを利用し、米CFTC・ニューヨーク州における規制基準に準拠したプラットフォームで、マイクロソフトやスターバックスなどの大手企業と連携。主に機関投資家に対し、仮想通貨の先物提供や現物の保有、決済サービスの提供を予定している。

設立から、これまでの重要な動きを振り返る。

2018/8/3 ICEが発表、スターバックスやマイクロソフトも参画
2018/9/19 米国外でもビットコイン先物提供を計画
2018/9/25 ビットコインの現物受渡し先物取引のペアを紹介
2018/11/21 ビットコイン先物は12月12日に取引開始予定と公式発表も延期に
2019/1/15 Bakktが初の企業買収へ
2019/1/23 東京含む主要都市で求人募集を開始
2019/2/8 Bakktの偽サイトが出現
2019/3/30 新経営陣発表 NYSEの理事長やソフトバンク傘下のファンド幹部が加わる
2019/4/12 スターバックスと、仮想通貨決済領域へ本腰
2019/7/19 Bakktの正式ローンチ見込み、7月〜9月
2019/7/23 ビットコイン先物のテストを正式に開始

CoinPostの関連記事

Bakktの正式ローンチ、今四半期中に予定か|22日のビットコイン先物テストに続く見込み
仮想通貨市場の重要ファンダメンタルズ要因:現物先渡しビットコイン取引の提供を控えるBakktの正式ローンチ日時が、今回の四半期(米Q3:7月〜9月)になる見込みであることがわかった。
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表
BakktのBTC先物テストが23日に開始し、Bitfinexの裁判再開も間近だ。なお『LTC』の半減期が8月に控えるなど、仮想通貨市場価格に影響を与える得るイベント情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

スポンサーリンク