仮想通貨取引所Zaif運営のフィスコ、金融庁に業務改善計画を提出

フィスコが業務改善計画を金融庁に提出
仮想通貨交換所「Zaif」などを運営する株式会社フィスコは22日、業務改善計画を金融庁に提出したことを発表した。「信頼回復へ向けて、全社一丸となって計画の実行に邁進する所存」としている。

フィスコが業務改善計画を金融庁に提出

仮想通貨交換所「Zaif」などを運営する株式会社フィスコは22日、業務改善計画を金融庁に提出したことを発表した。

フィスコ社は、昨年ハッキングを受け70億円相当の仮想通貨が流出したテックビューロ株式会社の「Zaif」事業を承継して運営していたが、金融庁の立ち入り検査により、アンチマネーロンダリング対策など経営管理体制に不備があるとして、金融庁より資金決済法に基づく「業務改善命令」が下されていた。

同社は、「皆様の信頼回復へ向けて、全社一丸となって計画の実行に邁進する所存」とのコメントを掲載した。今後も、業務改善計画の改善完了までの間、1ヶ月毎の進捗・実施状況を金融庁に報告が求められる。

CoinPostの関連記事

金融庁、仮想通貨取引所Zaifを承継した「フィスコ」に業務改善命令を下す方針
金融庁が、仮想通貨交換業者フィスコ仮想通貨取引所に対して、資金決済法に基づく「業務改善命令」を出す方針を固めたことがわかった。同社は仮想通貨取引所「Zaif」の事業承継していた。
フィスコ仮想通貨取引所代表が語る、Zaif「事業譲渡」の舞台裏
仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社から株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡後の事業展開と舞台裏について、FCCE社代表取締役である越智直樹氏にお話を伺った。

スポンサーリンク