仮想通貨取引所コインベース、英国ユーザーに最低1000ポンドの残高を要求か

コインベースが突然の発表
米仮想通貨取引所コインベースが、英国での高速決済システムの利用を停止し、なお英国ユーザーはアカウントを保持するために最低1000ポンド(約13万円)の残高が必要になると報じられた。

コインベースが突然の方針変更

米最大手仮想通貨取引所コインベースは、英国での「高速決済システム」の利用を停止し、英国のユーザーはアカウントを保持するために最低1000ポンド(約13万円)の残高が必要になる。仮想通貨メディアCointelegraph
が報じた同取引所のサポートセンターと英ユーザーのやりとりで判明した。

今回の変更によって英国のユーザは、今までよりも送金に時間のかかるSWIFT(国際銀行間通信協会)のシステムを当面の間は利用することになる。SWIFTは国際送金に約5日かかるため不便を強いられるだろう。

コインベースは変更の詳しい理由を明らかにしていない。数ヶ月の間に高速決済システムの利用を再開する予定だと説明はしているが、いつまで1000ポンドの残高が必要になるかにも言及していないという。

今回の変更はアカウントのセキュリティ保護や不正利用を防ぐための処置とだけ説明し、コインベースから1000ポンドの最低必要残高に関して、入金から5営業日待たないと引き出しや送金が不可能だという。

CoinPostの注目記事

米仮想通貨取引所コインベース、独自の保険会社の設立を検討か
コインベースが保険ブローカー大手Aon社の協力を受け、自社での保険会社設立を検討していることが報じられた。仮想通貨取引所の「保険の不足」に対する解決策のひとつとなるか注目される。
コインベースが発行する仮想通貨VISAカード、欧州6ヵ国の利用を追加
米最大手Coinbaseが4月よりUKで発行するビザデビットカード「Coinbase Card」が、新たに欧州6ヵ国で利用可能になったと発表した。Coinbase UKのCEOは、カードの発行と利用に対する需要が高いと言及している。

スポンサーリンク