ブロックチェーンカードゲーム「クリプトスペルズ」クラウドセール 2週間で売上900ETH(約3000万円)超え

ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」クラウドセールが黒字化見込み
ブロックチェーンゲーム開発を行うクリプトゲームス社は、国産ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」のクラウドセールで900ETH(約3000万円)を超えたことを発表した。

ゲーム内通貨の売り上げが900ETH超え

ブロックチェーンゲームの開発を行う、クリプトゲームス株式会社は、ブロックチェーンTCG(トレーディングカードゲーム)の「クリプトスペルズ」( *1)を6月25日に正式リリースし 、同時にクラウドセールを行った。

*1 クリプトスペルズとは
『クリプトスペルズ』はブロックチェーン技術を取り入れて開発されたWebゲーム。ゲーム内のアセットがEthereum上に記録されていることで、ユーザーの所有権が証明され、ゲーム内外での自由な売買を行うことが可能。

▶CoinPost:仮想通貨用語集

7月9日のセール終了の段階で、ゲーム内通貨・SPLの売上金額が累計900ETH(およそ3000万円)を超え、累積黒字化の見込みであることを明らかにした。(記事内のEthereumの価格は2019年7月10日時点での価格を参照)。

上場企業である株式会社Gamewithから出資を受けることも発表している。

クリプトゲームス株式会社

クラウドセールでのSPL販売は6月18日より開始され、販売されたカードは以下の通り。

  • リミテッドレジェンド 2種類(完売)
  • レジェンド 3種類(完売)
  • ゴールド 3種類

国産ブロックチェーンゲームとして人気を博す「マイクリプトヒーローズ」の在庫連動型ダッチオークション形式で販売された、リミテッドレジェンド・レジェンドの各カード、全5種類は完売となり、一部のカードは1枚30ETH(およそ99万円)まで価格が高騰したという。

販売されたリミテッドレジェンダリ2種

マイクリではブロックチェーンゲームのマーケティングに必要となるエコシステム構築⽀援を行う、ブロックチェーンゲーム開発⽀援プログラム「MCH+」を開始しており、 『My Crypto Heroes』アセット(キャラクターや武器防具など)をはじめとした参加ゲーム間のNFT(ノンファンジブルトークン)相互利⽤を推奨。

マイクリプトヒーローズの開発会社である「double jump.tokyo株式会社では、『クリプトスペルズ』とのコラボ予定を発表している。

double jump.tokyo 資料

マイクリプトヒーローズは昨年12月、クラウドセールで962.6ETHを売り上げたことを発表。ブロックチェーンゲーム市場を牽引していた。

クリプトゲームス会社概要

社名: CryptoGames株式会社

代表取締役:小澤 孝太

事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲームの開発、運営

URL: http://cryptogames.co.jp/

CoinPostの関連記事

ブロックチェーンゲーム開発⽀援プログラム「MCH+」を発表|マイクリプトヒーローズのフレームワークを提供
「マイクリプトヒーローズ」の開発・運営を⾏うdouble jump.tokyoが、仮想通貨イーサリアムを使用するブロックチェーンゲームの開発・運営に必要な開発⽀援・エコシステム構築⽀援・ファイナンス⽀援・⼈材育成⽀援プログラム『MCH+』の提供を発表した。
【前編】世界No.1ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」開発者インタビュー|500ETH(800万円相当)のランド4種が完売
仮想通貨ETH使用した国産ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」の開発者にインタビューを実施。最大の魅力である「士農工商エコシステム」の仕組みや、ついにクラウドセールを開始した「ランド」の裏話、国内外のブロックチェーンゲームの市場拡大について伺った。
CLOSE
CLOSE