ビットコイン利用の高速決済サービスが発表|スターバックス、アマゾンなどで利用可能に

ビットコイン利用の新決済サービスが発表
BTC決済サービスの開発を行う米スタートアップが、ライトニングネットワークを利用した決済アプリを発表した。アマゾンやスターバックスなどの人気小売店で利用できる。

ビットコイン利用の高速決済サービスが発表

BTC決済サービスの開発を行う米スタートアップ「Fold」が、ライトニングネットワークを利用した決済アプリを発表。米国にて、複数の大手小売業者での利用も可能になっている。

ライトニングネットワークとは、オフチェーン上のセカンドレイヤーペイメントプロトコルのことで、同技術を導入することで高速な取引や手数料の削減、少額決済が可能になるという。

ビットコイン決済システムを提供するFoldによれば、この決済システムの特徴として、KYCや契約の必要性がなく、アルトコインの取り扱いもないことを挙げている。また、完全なノンカストディとのことだ。なお、サービス利用時のBTC決済は、支払い先の企業がビットコインを直接受け付けることでなく、米ドルに変換し受け取る仕組みだ。

同決済システムの利用が可能な企業として、主に以下の企業を挙げている。

  • アマゾン
  • スターバックス
  • ホールフーズ
  • ウーバー
  • ターゲット
  • AMC(映画館)

同社は、「決済手段としてのビットコイン」というビットコイン本来の目的を尊重したとし、ビットコインを決済利用することについて、以下のように述べている、

プライバシー保護や検閲耐性に優れ、世界中で使えることから、ビットコインは根本的に、決済に優れたものだと考えている。

先日には、福岡市に本社を置く、株式会社Nayutaが、ビットコインのセカンドレイヤーペイメントプロトコル「Lightning Network」を用いたリアルタイム決済サービスを、福岡市内のバーで試験的に導入した。

このように、最近ではライトニングネットワークを利用した決済手段の開発及び採用が以前より進んでいる。

CoinPostの注目記事

米スターバックスやサーティワンアイスクリームなど、仮想通貨ライトコインで支払い可能に
仮想通貨決済アプリを提供するFlexa社が、同社の決済アプリ「SPEDN」の対応通貨に、ライトコインを追加したことが明らかになった。米国のスターバックスやサーティワンアイスクリームなどの支払いに利用できる。
スターバックスなど米大手企業15社、仮想通貨決済受け入れ開始へ
スターバックスやアマゾンが保有するホールフーズ・マーケットなど15社が仮想通貨決済を受け入れていることが現在開催中の大型カンファレンス「コンセンサス」にてわかった。
CLOSE
CLOSE