仮想通貨取引所ビットポイントがビットコイン(BTC)など全取引を停止|株価急落など市場不安も

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)が全取引停止/span>
ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所BITPointは、緊急メンテナンスでビットコイン(BTC)などの仮想通貨取引、全サービスを停止することを発表した。

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)が全取引停止

ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所BITPointは、緊急メンテナンスで全サービス停止のお知らせを告知した。

ビットポイントジャパンは、リミックスポイントの完全子会社だ。BITPointは12日6:30より送金(送付)、受金(預入)のサービスを停止していたが、10:30頃より「取引及び送受金等を含む全サービスを停止」した。

緊急メンテナンスとされるが原因や再開予定時期は明らかになっておらず、親会社リミックスの株価が後場寄りから急落するなど、利用者や市場の不安を招いている。

ビットポイントジャパンは2018年7月23日、金融庁の立ち入り検査で経営管理体制に不備があるとして「業務改善命令」を下されたが、2019年6月29日に報告義務を完了している。

CoinPostの関連記事

Bitpointがタイに進出 4つの仮想通貨関連ライセンスを取得|4月を目処にビットコインやリップルの取引サービスを開始か【追記あり】
仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、タイに進出する。タイ国法人と共同で設立した企業が、新規事業者に付与されたものとしてはタイ国第1号となる、4つの仮想通貨関連ライセンスを取得した。
仮想通貨取引所ビットポイントジャパン、業務改善命令の報告義務が解除
株式会社リミックスポイントの子会社「ビットポイントジャパン」の業務改善命令の報告義務が終了した。同社は、2018年7月23日からその命令の下、業務改善計画を提出していた。
CLOSE
CLOSE