Ripple社 CTO「ITバブルと同様、仮想通貨市場の”真の勝者”は予測できない」

Ripple社CTOの見解
RippleのDavid Schwartz氏は、XRP(リップル)価格がBTC価格と連動している理由に言及。市場が直面する最大の課題について独自の見解を述べた。An Altcoin Trader’s Handbookの著者は、イーサリアムに関してデカップリングの可能性を指摘した。

Ripple社CTOの見解

仮想通貨市場のオンランプ、取引所、プラットフォーム、取引ペアの増加に伴い、ビットコインの価格は仮想通貨市場全体の上昇・下落に強く相関している。

An Altcoin Trader’s Handbookの著者であるNik Patel氏は以下のように書いている。

仮想通貨市場がピークを付けた2018年1月以降、アルトコインはBTCに対して90%以上、BTCはUSD(米ドル)に対して95%以上下落している。これは、BTCの価値自体が約85%失われたことを意味している。

また、Nik Patel氏による最新の分析結果では、時価総額2位のイーサリアム(ETH)は、ビットコインとの相関関係から離脱するかもしれないことを示している。ETH/USDの短期的な動きはビットコインと密接に関連しているが、もしビットコインが一歩下がって、少なくとも数週間の間に13,900ドル(151.3万円)以下に落ち着くのであれば、ある程度のデカップリング(相関関係の乖離)が起きると思う。

アルトコインがさらに成熟し、持続可能なユースケースと顧客の存在が証明されるまで、投機家はどちらが繁栄し、生き残るかを見分けられないようである。

最近のTwitterのスレッドで、RippleのDavid Schwartz CTO(最高技術責任者)は、”XRPがビットコインとなぜ連動してるのか”と、”スタートアップが優位性を競っていた初期のインターネットの時代と比較して、仮想通貨市場がどのように違うのか”について、以下のように説明している。

XRP価格がBTC価格と連動している理由は、他の仮想通貨と同じ理由だろう。

かつて多くの人が検索エンジンが大きな収益源になるかどうかを模索していた頃、ITバブルを経て「Google、Ask Jeeves、Excite、Altavista、Yahoo」のような企業が市場の勝者になるかどうかを判断することはできなかった。仮想通貨市場のテクノロジーも、市場に普及するか否かをすぐに判断することはできない。

少なくとも私はそう思っている。市場が直面している最大の問題は、暗号技術が金融や決済を混乱させるのか、それとも失敗するのかということだ。

銀行との提携で決済ネットワークの摩擦低減へ

Ripple社のソリューションは、国境を越えた決済分野をターゲットにしている。これは伝統的な金融システムが5日かけて決済のための資金を提供するために、世界中の様々な現地通貨で巨額の現金を保管する必要があることに対する改善策となっている。

銀行は、R3のグローバル・ネットワークのようなブロックチェーン・プロジェクトを試行して提携関係を結び、ブロックチェーン・テクノロジーを活用して分散プラットフォーム上でデジタル資産を取引することで、数秒以内に決済を処理し、手数料を減らし、摩擦を低減していくことになる。

CoinPostの関連記事

リップル社出資「XRPバンキングアプリ」を公開 |銀行界とデジタル資産の橋渡しに
米Ripple投資部門の出資を受けるスタートアップXRPL Labs社が、開発中のXRPバンキングアプリのデザインを公開した。「母親でも使いたくなるように」設計したデザインと、今後の計画を示した。
ビットコインとの相関性から見る投資戦略 XRP(リップル)にも重要な事例に|バイナンスリサーチ調査
仮想通貨取引所バイナンスの市場分析部門が、2019年の第2四半期における仮想通貨の相関性に関するレポートを発表。ビットコイン(BTC)との相関性から、多くの投資戦略が見えてきた。

スポンサーリンク