ビットメイン創業者、仮想通貨OTC取引やカストディサービスなど新規事業を立ち上げへ

ビットメイン創業者、新規事業立ち上げへ
ビットメイン創立者兼元CEOのジハン・ウー氏が新規事業を立ち上げた。ビットコインなどのOTC取引やカストディサービス、レンディングサービスなどを提供へ。

ビットメイン創業者、新規事業立ち上げへ

世界最大のマイニング企業ビットメインの創立者であり、元CEOのジハン・ウー氏が仮想通貨関連の金融サービス・スタートアップを立ち上げていたことが明らかとなった。有力誌ブルームバーグが報じている。

ブルームバーグの報道によれば、今回ウー氏が起業したスタートアップはシンガポールを拠点に、仮想通貨のOTC取引およびレンディングサービス、カストディサービスを提供予定とのことだ。また、その社名は「Matrixport」となり、ウー氏は、Matrixportの最大株主という立場をとる。

同社の従業員には、2018年における仮想通貨の弱気相場の影響で解雇されたビットメインの元従業員約100人が再雇用されている。MatrixportのCEOを務めるGe Yuesheng氏は、以下のように話している。

我々の起源であるビットメインとは、緊密な関係だ

ただ我々は異なったビジネスを行っているため、競合関係ではなく、パートナーのような関係だ。

このように、同社とビットメインとの結束力の強さをアピールした格好だ。

ビットメイン社の動向

ビットメインは、ビットコインが1年ぶりの高値を記録する状況で、新規株式公開(IPO)の再開を計画していることが、米ブルームバーグの報道で明らかになっている。

同社はアドバイザーの協力を得て、今年下半期での米国株式市場でのIPOに向けた準備を進めており、来月SEC(米国証券取引委員会)への上場申請を目指している。

ビットメイン社は米国でのIPOで約320億円(約3億ドル)から約535億円(約5億ドル)を調達する可能性があるが、目標金額を最終決定するまでには至っていない。

CoinPostの関連記事

再起を図るビットメイン、仮想通貨マイニングの性能を大幅向上した次世代ASICの発売日を発表
Bitmainが次世代Antminer S17シリーズの発売日を発表した。新シリーズではハッシュレートやエネルギー効率が向上、旧世代のチップと比較して28.6%の電力効率改善を提供するとしている。
仮想通貨採掘大手Bitmain、IPOの失敗認める 新たなCEOで新経営体制
ビットメインは26日、香港株式市場へのIPO申請が失敗に終わった事をHP上で報告した。今回のIPO申請を前向きに捉え、再申請の意向を示したほか、新経営体制など、業界の活性化に前向きな動きとなった

スポンサーリンク