バイナンス出資の豪州旅行会社、仮想通貨BTC、LTC、BNBに対応するベータ版アプリをローンチ

旅行予約システムのベータ版をローンチ
仮想通貨取引所バイナンスが出資する旅行会社TravelbyBitが、仮想通貨で支払いが可能な予約アプリのベータ版をローンチしたことが明らかになった。決済時の手数料削減や処理速度向上を狙う。

仮想通貨決済が可能な予約システムをローンチ

最大手仮想通貨取引所バイナンスが出資する豪州の旅行会社TravelbyBitが、仮想通貨で支払いが可能なアプリのベータ版をローンチしたことが明らかになった。航空機やホテルを予約する時の支払いに、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、バイナンスコイン(BNB)の利用が可能になっている。

この予約プラットフォームにはバイナンスが開発した独自のブロックチェーンである「バイナンスチェーン」が活用されている。バイナンスのCEOであるCZ氏によれば、バイナンスチェーンは低コストで送金ができること、約1秒で1ブロックの確認ができることが特徴で、高いパーフォマンスが発揮できるように設計されているという。

1300億円相当のBNBを1.62円で高速送金成功

『仮想通貨の未来』1300億円相当のバイナンスコイン(BNB)をわずか1.62円で高速送金成功
世界有数の仮想通貨取引所バイナンスは「バイナンスチェーン」を使用し、複数コールドウォレット内における仮想通貨BNBの大量移動を行なった。1300億円相当のBNB送金をわずか1.62円の手数料で成功した。

自身も世界中を旅することが多いというTravelbyBitのCEOのCaleb Yeoh氏は、バイナンスの出資が決まった後の2018年12月のインタビューで、以下のように語った。

旅行をすると空港での出入国の手続きに時間がかかるし、通貨を両替する手間がかかる。複数の通貨が存在することによってかかる手数料を削減し、その不便さも解消したい。

ぜひ1つの通貨で世界中を旅できる快適さを想像してほしい。我々とバイナンスは仮想通貨を利用してそれを実現しようと取り組んでいる。

このアプリを利用し、100万種類以上のフライト、ホテルを予約することが可能だという。

今回のベータ版ローンチで、Yeoh氏の目的実現へまた一歩前に進んだ。手数料削減や決済の高速化が実現すれば、旅行のストレスを軽減できる仮想通貨の好事例になるだろう。

CoinPostの関連記事

【速報】仮想通貨取引所バイナンス上場でドージコイン(DOGE)が急騰
柴犬をモチーフとし、草コインの基軸通貨としても知られる仮想通貨ドージコイン(DOGE)が、最大手仮想通貨取引所バイナンスへ上場した。これを受け、価格が急騰している。
リップル社やトロンなど、仮想通貨取引所バイナンスのチャリティ団体「BCF」を支援
仮想通貨取引所バイナンスの慈善事業団体「Binance Charity Foundation(BCF)」は、発展途上国の女性を支援するためのトークン発行に当たって、46の企業や団体と戦略的提携を結んだことを発表した。

スポンサーリンク