ビットコインは12000ドルまで回復、米CME先物も存在感を強める|仮想通貨市況

仮想通貨市場

米NY株式市場が過去最高値を叩き出すなど世界的なリスクオンムードの中、ビットコイン(BTC)は一時12,000ドル(13,000円)付近まで回復。日本円/米ドル先物などを展開する米CMEのBTC先物も存在感を強めている。

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

ニューヨーク株式市場は、FRB(連邦準備制度理事会)の利下げ期待や米中貿易摩擦の緊張緩和などが相場を後押しし、NYダウ平均株価(30種)の終値は前日比179・32ドル高となった。昨年10月3日に付けた過去最高値の27,000ドルを上回った。米独立記念日(Independence Day)を前に景気付けられた格好だ。

米10年債利回りが2%を割り込むなど、約3年ぶりの低水準となったことも押し上げ要因となった。

そんな中、日本円/米ドル先物などを展開する米大手デリバティブ取引所CMEでは、2019年における取引所全ての口座開設の内、ビットコイン(BTC)先物を取引する口座が30%に上ることが判明した。高騰に伴い、伝統金融商品の中でも存在感を強めている。

ビットコインテクニカル分析

ビットコイン(BTC)価格は、上値抵抗線(緑)を勢いよくブレイク(①)し、4h一目雲上限(②)の12,000ドル(13,000円)で一服した。

6月27日5:00に発生したフラッシュクラッシュを筆頭に、日本人が寝静まっている朝方5〜7時頃(米ニューヨーク時間:前日16〜18時頃)に大きく動くケースも少なくないので、不用意な寝ポジには注意が必要だ。

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)市場でフラッシュクラッシュによる暴落が発生、悪材料でリップルも大幅安|仮想通貨市況
前週比一時+40万円以上の急騰劇を見せたあと、本日一転して20万円近く暴落したビットコイン(BTC)は、海外取引所の悪材料が嫌気された。海外で関心高まるメイヤー倍数「2.4」も注目される。

米ニューヨーク証券取引所(NYSE)は9:30-16:00となっており、国内株式市場が開くタイミングと4時間足の確定タイミングが重なる朝9:00同様、意識したい時間帯と言える。

直近下落分の半値戻しとなる127.3万円を超えたことで、短期筋の利確売りに一旦圧された格好か。

時間足チャートを見た場合、下値支持線と雲上限、200EMAの重なる118〜120万円付近で反発できるかが焦点になりそうだ。ショートの入りやすいトレンドライン(③)を抜けることができれば上値追い継続の可能性も十分あるが、大局的にはこの辺でしばらく揉み合った方が”健全な上昇”を見込めるのではないかと思われる。

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)短期トレンドが再転換、過去の再現なら次の大幅調整までに平均150%のリターンか|仮想通貨市況
米Blocktown CapitalのCEOや著名アナリストPeter Brandt氏が仮想通貨ビットコイン(BTC)相場を分析。「30%の大幅調整を経て、今年の11月頃まで”押し目”が来ないかもしれない」などと言及した。
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表
FATFの対日審査、ビットコインETFの審査期限やアルトコインの大型アップデートなど、仮想通貨市場価格に影響を与える得るイベント情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク