世界初、投資銀行が仮想通貨STOを実施 金融資産のトークン化でTezosブロックチェーンを導入

TezosのブロックチェーンをSTOへ導入
ラテンアメリカ最大級の投資銀行BTG Pactual社が、仮想通貨の資金調達STOを実施。投資銀行の公式STOの実施は世界初となる。金融資産のトークン化でTezosのブロックチェーンを活用する予定。

STOにTezosのブロックチェーン導入

ラテンアメリカ最大級の投資銀行であるBTG Pactual社が、ドバイの大手資産管理企業Dalma Capital社と協力し、セキュリティトークンオファリング(STO)にTezosのブロックチェーンを活用し、トークンの発行を行うことがわかった。テゾス財団が公式HPで発表した。

今回のトークン発行により、BTG Pactual社は、世界で初めて公式にSTOを実施する大手投資銀行となる。

デジタル証券取引に新興技術であるブロックチェーンを活用することによって、両金融企業は10億ドル(約1080億円)以上のトークン発行を見込んでいるという。株式などの伝統資産だけではなく、幅広い金融資産を裏付けにトークンの発行を予定する。

Tezosのブロックチェーンはスマートコントラクト機能を持ってることに加え、自身でコードを修正をすることを可能とする。BTG Pactual社とDalma Capital社は、Tezosのブロックチェーンでデジタル資産の取引を実施することによって、デジタル技術への取り組みを強化することを狙うという。

同行は当初、トークン発行にイーサリアムのブロックチェーンを活用を行なっていたというが、Tezosブロックチェーンに変更を行なったという。BTG Pactual社側のSTO担当であるAndre Portilho氏は「Tezosのブロックチェーンが資産のトークン化において世界的に注目されていることに気づいた」と言及しており、資産のトークン化領域に関するテゾスブロックチェーンの有用性に期待感を示している。

BTG Pactual社とDalma Capital社が従来の投資銀行業務や資産管理の領域で、ブロックチェーン活用の重要事例になるとみられており、今後、ブロックチェーン技術が同領域で普及していく可能性にも注目している。

世界的にブロックチェーン技術応用への投資は進んでいる。その世界的な投資額は2019年末に29億ドル(約3120億円)まで伸びるという試算もあるが、巨大資金が動く金融領域で、ブロックチェーン技術の導入がどのように進むか注目したい。

なお、今回の発表を受け、Tezos(XTZ)の価格が高騰。一時、前日比15%高に達した。

CoinPostの関連記事

仮想通貨 Tezos(XTZ)とは|今後の将来性について
仮想通貨Tezos(XTZ)とは、ICOで200億円以上を集めた通貨で、ビットコインなどの既存の仮想通貨システムの弱点を克服する目標を掲げています。
米eコマース大手Overstock:STOプラットフォームtZEROにて投資家向けセキュリティトークンの提供開始を発表
米eコマース大手「Overstock.com」が所有するセキュリティトークンのプラットフォームtZEROにて、昨年8月までに投資家1000人によって購入された分のトークンの提供を開始したことが判明した。

スポンサーリンク