大阪観光大などを運営する学校法人「明浄学院」、前理事長の女性が運営資金1億円を仮想通貨に流用か

1: 2019/07/03(水) 08:04:04.52 ID:sl7jJhBW9
大阪観光大、前理事長が1億円流用か 仮想通貨に

大阪観光大(大阪府熊取町)などを運営する学校法人「明浄学院」(同)は2日、法人の前理事長の女性が大学の運営資金1億円を自身が取締役を務める関連会社に振り込ませ、暗号資産(仮想通貨)の購入に流用した疑いがあると明らかにした。女性は資金の運用について理事会に諮っておらず、同法人は関連会社から9千万円の返金を受けたという。

同法人の西和彦理事長は2日、大阪市内で記者会見し「世の中をお騒がせしたことを大変申し訳なく思っている」と述べた。第三者委員会を設置し、資金運用の経緯について調査する方針。

同法人によると、前理事長の女性は2018年4月、関連会社に運営資金1億円を振り込むよう法人職員に指示。同社の代表取締役を務める法人理事の男性が、入金された1億円を用いて仮想通貨に投資した。仮想通貨は数十万円相当まで暴落したという。

一連の取引は理事会での議決がなく、法人内で問題視され、女性は6月に理事長を辞任した。

文部科学省は18年度、日本私立学校振興・共済事業団を通じて大学の経常費補助金として同法人に約1億3千万円を交付している。同省は法人側に一連の経過について説明を求めている。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO46868870S9A700C1AC8000?s=3
2019年7月2日 19:49  日本経済新聞

eca1711170500002-p1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562108644/





続きを読む

スポンサーリンク