ビットコイン(BTC)短期トレンドが再転換、過去の再現なら次の大幅調整までに平均150%のリターンか|仮想通貨市況

仮想通貨市場
米Blocktown CapitalのCEOや著名アナリストPeter Brandt氏が仮想通貨ビットコイン(BTC)相場を分析。「30%の大幅調整を経て、今年の11月頃まで”押し目”が来ないかもしれない」などと言及した。

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

本日未明、Cloudflareが大規模障害でサーバーダウンし、米仮想通貨取引所CoinbaseやPoloniex、CoinMarketCap、discordなどが繋がらなくなるなど深刻な影響が生じた。

ビットコイン(BTC)価格に大きな影響はなかったものの、CoinDeskのサイト上に表示されたビットコイン(BTC)価格が「$26」と誤表示されるなど、混乱をもたらした。

3日のビットコイン(BTC)価格は、下げすぎた反動で約20万円幅の急反騰を見せた。急騰の反動もあり、125万円のレジスタンスで弾き返されて6万円幅反落したが、すぐにスパイク気味に差し戻すなど買いが強い。

執拗な売り圧力で大衆心理が下目線に傾く中、3回下値を試して底を探った後に黄色のレジスタンス(①)をブレイクしたことで、少なくとも短期トレンドは再転換したと言える。

急落する可能性もあり予断は許さない状況にあるが、ここ1週間は上げ・下げともに急すぎたため、まずはフィボナッチ・リトレースメント0.382〜0.618(122万円〜132.5万円)辺りのボックスに移行して値固めできるかどうかがポイントになりそうだ。

米デジタル資産会社Blocktown CapitalのCEO James Todaro氏は、13,850ドルから大幅下落したビットコイン(BTC)相場のプルバックについて、Josh Rager氏の考察した過去チャートと照らし合わせて、「最後の強気相場では、平均98日間のスパンでこの規模のプルバックが繰り返しあり、もし上昇継続となれば今年の11月頃まで押し目が来ないかもしれない。」などと見解を述べた。(*2018年のように下落トレンドへと転換した場合は、この限りではない)

一方、Josh Rager氏も以下のような見解を示している。

大幅な価格調整は「買い」のチャンスであり、投資家にとってのリワードである。

買い戻しからの利益に関する分析すると、次の大幅調整までには、平均153%ものリターンを生み出していた。

過去のチャートでは、上記のような期間でプルバックが発生していた。2017年のバブル相場でも、上昇トレンドの過程で最大40%安を記録していた。150万円から40%下落した場合は90万円、200万円から40%下落した場合は、実に下落幅80万円に及ぶ計算だ。

なお、ビットコイン(BTC)の高騰に伴い、直近のマイニング状況は活況にある。

ビットコインの歴史上、最も高い値となるハッシュレート6900万TH/sを記録。この値は、仮想通貨バブルの真っ只中にあった2017年12月時の倍となる。仮想通貨の将来に期待する大口マイナーの競争率が激化していると言えそうだ。

CoinPostの関連記事

ビットコイン市場の大幅下落要因と忽然と消えた20000BTCの大量ショート|仮想通貨市況
6月27日に149万円を記録した仮想通貨ビットコイン(BTC)は、乱高下を繰り返しつつ、本日9時時点で116万円まで急落した。海外取引所bitfinexで200億円分の大量のショートポジションが消滅したことも、さまざまな憶測を呼んでいる。
仮想通貨取引所ビットフィネックス、テザー社に1億ドルの資金返済
Bitfinexが、子会社のTetherに対し、ローンの一部である1億ドルを返済したと公表。以前Bitfinexは、テザー裏付け資産の約750億円相当の資金で莫大な損失をカバーしたことでNY司法当局に不正疑惑として告発された。

スポンサーリンク