「ビットコイン一強時代はこの先も続く、アルトバブルの再来は訪れない」CNBC経済番組

アルトの終結か、Keiser氏の見解
仮想通貨アルトコイン市場は、今回のビットコイン強気市場から恩恵を受けることはほとんどないとMax Keiser氏がCNBC経済番組で指摘した。

アルトの終結か、Keiser氏の見解

Max Keiser氏が、「アルトコイン市場は、今回のビットコイン強気市場から恩恵を受けることはほとんどない」と、米CNBCの仮想通貨番組内で指摘した。

現在Segwitやライトニングネットワークといったビットコインにおけるスケーリング技術、ハッシュレートが大幅に前進している背景から、アルトコインを取り扱う投資家やユーザーはこれから最も利用数が多い安全なビットコインネットワークに資金を移転させる、と見ているという。

アルトコインの価値の低下を見込むKeiser氏は、最終的にはほとんどのマネーフローがビットコインに流入すると予想した。

現在の通貨騰落率から見ても、アルトコイン(チャート内黄色)の出遅れ感は否めず、ビットコイン(メインチャート)に買い需要が大きく偏っていたことが見て取れる。2017年末の相場はアルトコインが連れ高する場面が多く見られたが、19年はビットコインに集中した。

それでも、上位アルトコインはバスケット的な指数として、需給関係で資金が循環する動きは見られているが、17年に盛り上がった草コインには資金が流れてきていない。

これは、市場参加者の変化(マネーフローとニューマネーの経路)が一因との見方がある一方で、18年の下落相場や下落要因を経て、ビットコインネットワークへの信頼感が高まったことも理由の一つに挙げられている。

Keiser氏はこの流れが、今後も継続していくと見ている。BTCのドミナンスは、19年の上昇相場を経て60%(7月2日は60.6%)を突破したが、いずれは8〜9割まで回復する可能性もあると考えているという。

その上で、「ビットコインが唯一の価値の保存道具になることは、論理的だ。」とビットコインに関する自身の展望を語った。

今年の4月より開始したビットコインの上昇トレンドについて、アルトコインがその恩恵を受けないと表明するアナリストはKeiser氏だけではない。

昨年の大暴落に対する予想を的中させたベテラントレーダーPeter Brandt氏も「ビットコインが上昇しているからアルトコインも連動して上がることを期待しないほうがいい」との見解を示している。

Brandt氏は、2017年末のバブルと異なり、今回のブル相場は最も価値のアルトコインのみ価値の上昇が見込める。同氏は今世紀はじめに起きた「ドットコムバブル」を例として、数多くのアルトコインの中から、真の価値を持つアルトコイン以外のものはドットコムのバブルが弾けたように淘汰されていくと語った。

一方、アルトコイン市場でいう「グーグルのような真価を持つプロジェクト」は価値の継続的上昇が期待できると、今回のブル相場が「バブル相場」ではないことを指し示した。

マーケット関連記事

ビットコイン市場の大幅下落要因と忽然と消えた20000BTCの大量ショート|仮想通貨市況
6月27日に149万円を記録した仮想通貨ビットコイン(BTC)は、乱高下を繰り返しつつ、本日9時時点で116万円まで急落した。海外取引所bitfinexで200億円分の大量のショートポジションが消滅したことも、さまざまな憶測を呼んでいる。
ビットコインに資金集中、『アルトドレイン』にバイナンス・ショックが影響 専門家の意見は?
アルトコインが急落し、ビットコインに資金が集まっている。その要因となるバイナンスの米国制限を解説。今後アルトがどうなるか、米国で取り扱われるアルトコインは?専門家の意見も。

スポンサーリンク